エコキュートについて

エコキュートとは

 

大気の熱を利用してお湯を沸かす、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機です。

 

自然冷媒とは
自然冷媒とはどうゆうことをいうのでしょう。一般に自然界に存在する物質で、可燃性、毒性もありません。また加熱能力に優れているため、外気温が-10℃※1と低くても高温での貯湯が可能。高温沸き上げに適している冷媒です。

 

圧縮機のしくみですが、ヒートポンプとは、空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を水に伝えてお湯を沸かすしくみです。

 

『エコキュート』が採用している自然冷媒は、従来のフロン系冷媒と違い、オゾン層にダメージを与えず、地球温暖化係数もフロン系の約1,700分の1。家庭用給湯の省エネがCO2削減になります。

 

私たちが毎日、お湯を沸かしたり、おふろでシャワーを浴びたりするために使うエネルギーは、エネルギー消費量全体の約1/3になります。エコキュートを取り入れることで、給湯の省エネとCO2削減がはかれます。

 

地球上に無限にある「空気(CO2)」を上手に利用して、経済的にお湯が沸かせる新発想の電気給湯機です。エコキュートのエコはエコノミーのエコとエコロジーのエコ両方の意味があります。

 

高効率で沸かすとはどうゆうことでしょうか。大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて電力消費量約1/3になります。ですのでいままでの給湯器と比較しても高効率だということになります。

 

主に夜間電力※2を使うので、昼間の電気使用量を抑えます。割安な夜間電力を使用するので、給湯コストを大幅に削減できます。しかも電気使用量の多い昼間のピーク時、電力消費の節減にも貢献、ピークシフト3に対応します。

 

エコキュートの仕組みとは。
①空気(CO2)に圧力をかけ,中の空気の温度を上げます。
(圧力ナベの原理と一緒です。)
②その熱くなった空気で水を温め,そのお湯をタンクに貯めます。
③次に、熱くなった空気の圧力を下げ空気を冷やします。
④冷たくなった空気は大気中の熱を汲み上げます。
→①戻る エコキュートはこの繰り返しで水を温めるので、空気を汚すことなく環境に優しい仕組です。
また排出されるのは冷たい空気ですのでヒートアイランド現象の緩和に繋がります。

 

エコキュートは環境に優しい
★給湯器からのCO2排出ゼロ
エコキュートは燃焼が無いのでCO2の発生がありません。

 

★オゾン層破壊係数ゼロ
冷媒(熱エネルギーを運ぶ役割を果たす物質)は、自然冷媒(CO2)なのでオゾン層破壊の心配もありません。

耐震性にも強いエコキュートです。東日本大震災後に震度7に耐えるエコキュートが発売されました。従来品と比較しても本体脚とタンク脚の4本化で基礎にしっかり固定し、満水のタンクを支える強度をアップすることで耐震強度が1/3倍になりました。

省エネで経済的
①の電気エネルギーで③以上の熱エネルギーをつくり、お湯を沸かす方式です。高効率で使用電力量の削減になります。また電気料金が割安な深夜電力を利用してお湯をあたためタンクに貯めて使うのでとても経済的です。残念ながら、、ガス給湯のマンションではエコキュートを設置できない場合が多いので、事前に管理組合さんにご確認下さい。

 

また、戸建の場合でもお湯を貯めておくのでそれなりの大きさのタンクが必要になる為、 限られた土地に設置スペースが取れるかどうかを前もって確認をしておくことも大切です。(最近では省スペース型も発売されています。)その他ヒートポンプユニットの運転音はエアコンの室外機程度ですが、密集地などの場合には 設置場所も気をつけたいところです。

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.4.26

子供部屋のリフォームや改装には新潟市の支援事業を活用しよう

4月25日から新潟市では「子育て支援健幸すまいリフォーム支援事業」の受付がはじまりました!! その時のリビングのあり方…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る