お金をかけずに新聞紙・炭・重曹で湿気対策する方法

お金をかけずに湿気対策
ご自宅の湿気対策にどのような事をされていますか?エアコンの除湿機能を使うという方。除湿機を購入して使われている方。いろいろな方法があると思いますが、湿気の対策を何もしないでおくと、大変な事になりますね。カビが生えてしまったり、独特のカビ臭いニオイがとれなくなってしまったり、大切な物にカビが生えてしまったりといいことはありません。

 

一番いいのは、そのようなものを購入する、あるいは運転する費用もかけず、湿気の対策ができれば、言うことなしですよね。
そこで、ご自宅で簡単にお金をかけずに行える湿気対策を紹介します。

 

・お部屋の戸をなるべく開けておいて、いつでも風の通りをよくしましょう。
・扇風機を利用しましょう。扇風機は、電気代も安く、たとえ1日中まわしっぱなしにしていても、電気代はそんなにかかりません。
・市販の消臭剤や、お気に入りのアロマをたけば、湿気によって発生する気になるにおいの対策にもなります。
・新聞紙は湿気を吸うのでいろいろ活用できます。玄関の下駄箱の各棚に敷いたり、押し入れに敷いたり、衣装ケースに敷いたりと、湿気の気になるところに敷くだけで湿気の対策になります。また、汗などでムレやにおいが気になる靴に入れるのも効果的です。
・水にお酢をいれてカビの生えそうなところを拭き、扇風機で乾かすとカビが生えにくいと言われています。

 

このように、様々な湿気対策の方法があります。どれもお金もそこまでかかりませんし、身近にあるものでできる対策ばかりです。早速、気になる場所に試してみて下さい。

 

下駄箱の湿気対策
友人やお客さまがお家に遊びに来るとなれば、いつものお掃除にも気を使います。特に、家の印象を決めると言っても過言ではない玄関のお掃除は、最も重要な所です。友人のお家に招かれた際、玄関がきれいだと、「きちんと掃除の行きとどいたお宅だなぁ」という印象を受けますよね。逆に、たたきに靴が散乱していているような玄関では、どこか粗雑な印象を受けます。

 

また、玄関で、案外気になるのが、ニオイではないでしょうか?その為、家族みんなの靴を収納する下駄箱の整理整頓、湿気対策、カビ対策、換気はこまめにするようにしましょう。市販の消臭剤、芳香剤を置いておく、こまめに換気をする、靴を下駄箱にギュウギュウに押し込んでしまうのは良くありません。ある程度の空間をあけて収納すると、靴と靴の密着もなく、嫌なニオイもあまりこもりません。

 

家にたくさんある新聞紙を使うのもいいですね。新聞紙は湿気を吸ってくれますので、まるめて靴のなかに入れておいたり、棚に敷いておくと、効果的です。ジメジメとカビが気になる梅雨には、下駄箱の空気を換気する為、扇風機を使うのもいいですね。

 

風水では、玄関は、外のいい気が家の中に入ってくる入口であると考えます。その為、玄関はきれいにしておくことが鉄則だと言います。それを、あまり掃除もせず、カビ臭い、脱いだ靴は出しっぱなしでは、いい気も入ってこなくなってしまいます。いつも玄関をきれいにしておく事が、家の繁栄に繋がるのかもしれません。

 

新聞紙で湿気対策
スーパーでも除湿剤は、安く手に入りますが、案外、すぐ水が満杯になってしまい、また買いに行かなくてはなりません。買い物する際にも、除湿剤はかさばりますし、除湿したい箇所は家の中で数か所ありますから、毎回となると金銭的にもかさみます。そこで、今まで、買ってくるものだと思い込んでいた除湿剤が、家にあるもので手作りできたら、うれしいですよね。今回は、どこの家にもあるものを使った除湿の方法を紹介します。

 

まずは、新聞紙。新聞紙は湿気をよく吸ってくれますから、湿気対策には心強いアイテムなのです。使い方としては、クローゼットや押し入れの床、タンスの引き出しの底、洗面所の下、キッチンの流しの下、下駄箱など、湿気が気になるところに敷くだけです。これなら、誰でも手軽に簡単にお金もかからず、湿気対策ができますよね。

家の中は湿気が多いので、押し入れにすのこを敷いているご家庭が多いですが、その下に新聞を大量に敷き詰めておくのも経済的ですね。和紙や和製の障子紙も同様の効果があります。素焼きの鉢も湿気を吸収してくれる効果が期待できます。

 

また、知らないとそのまま捨ててしまいがちなサランラップやアルミホイルの芯です。それらも、湿気を吸収してくれるので捨てる前に、押し入れやクローゼットなど湿気が気になるところに置くとよいでしょう。ただし湿気を吸い取ったら処分しましょう。

 

新聞は読むと、すぐ古紙回収に出すご家庭がほとんどだと思いますが、こんな風に再度、使うことができるのですね。これも、家庭でできる小さなリサイクルです。

 

エコな芳香剤
下駄箱やクローゼットやタンスは、湿気がたまりやすく、カビっぽい独特な臭いが気になりませんか?その嫌な臭いが、大切な服やバッグなどにうつってしまうケースも少なくありません。せっかくのお気に入りのアイテムが、ちょっと残念な事になってしまう前に、湿気対策を万全にして、しっかりカビやカビ臭い臭いから衣服を守りましょう。

 

湿気対策で一番効果的なのは、換気です。天気のいい日には、お部屋の換気と一緒にクローゼットやたんす、押し入れを開けっぱなしにする事を習慣にしましょう。このように、狭い空間にこもった空気を、外の新鮮な空気に入れ替える事が大事です。そうすると、カビ臭い臭いも発生しなくなります。

 

物を収納する時も、いっぱいいっぱいに押し込むのではなく、余裕を持って、8割くらいの割合で収納するよう心がけましょう。残りの2割は、わざと、あけておきます。こうすることで、物と物の間に空間ができますし、物を取り出す時も、余裕で取り出すことができます。また、奥のほうにしまったものを把握しやすいというメリットもあります。

 

これが基本ですが、芳香剤を一緒に入れておく事で、湿気臭い臭いが気にならなくなります。また、お気に入りのエッセンシャルオイルを数滴たらすと、ほんのり、いい臭いがします。買いだめしている石鹸を、衣服をしまっているたんすの引き出しに入れておきます。すると、かすかに石鹸のいい香りが服にうつり、出して着る時、ほのかに香るので、おすすめです。

 

重層で除湿剤を手作り
重層は、なんにでも、どんな場所にも使える主婦の味方です。頑固な油汚れにも重層を使えば、簡単に汚れを落とすことができます。お掃除で使う以外にも、このような使い方もあります。重曹には、除湿、消臭の効果も期待できるので、湿気の気になる所にまいておくか、置いておくと湿気対策に効果的です。これで、除湿剤を作る事も可能です。

 

湿気対策に効果的な除湿剤というと、ドラッグストアやスーパーで買ってくるという方がほとんどだと思いますが、自分で手作りする事もできるのです。市販の除湿剤を参考に、手作り除湿剤をつくってみましょう。ポイントは、空気に触れる面を多くする事。

 

いちごや、しいたけが入っている容器をとっておいて、それに重層を入れれば、底が広い為、重層が空気に触れる面を多くする事ができます。また、重層は、粉ですので、こぼれないように、布でふたをし、ゴムでしっかりと留めましょう。これで、手作りエコな除湿剤の出来上がりです。

 

また、重層をキッチンペーパーで包み、リボンなどで縛ってやると、おしゃれな除湿剤になります。その際、重層にお気に入りのエッセンシャルオイルを数滴たらすと、ほのかにいい香りがして芳香剤にもなります。ユーカリオイルは、消臭作用がありますし、ラベンダーは防虫作用もあります。効果は3カ月から半年です。その後もしっかり、お掃除に使えます。この手作りの除湿剤の最もいいところは、安全だという点です。小さなお子様がいらっしゃるご家庭には特におすすめです。

 

家にあるもので除湿
身の回りのものを手作りするという人が増えてきています。コスメ、化粧水、クリーム、シャンプーにリンス。手作りの良さは、なんと言っても、安全、安心して使えるという点です。さすがに、市販のものより、効果はゆるやかではありますが、安心して使えるものがいいという方、体に、肌に優しいものがいいという方にはおすすめです。特に、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭に、おすすめです。

 

作っているのは自分ですから、自分に合わないものは入れなくてもいいですし、反対に自分に合っているもの、お気に入りのものは、ふんだんに配合することができます。自分のためだけのオリジナルをつくることができる点は、うれしいですね。

 

気になる湿気対策、臭い対策に、今まで買ってくるものと思い込んでいた芳香剤や除湿剤にいたっても、自分で手作りすることができます。しかも、重層や、新聞紙、備長炭などといったどこのお家にも余っているようなものでできます。これらは、除湿効果があり、湿気対策に効果的。手作りの除湿剤をつくるには、いい素材なのです。

 

新聞紙は、箪笥の引き出し、押し入れに敷き詰めるのが効果的です。備長炭は、籠に入れて、クローゼットの奥に置いておくと良いでしょう。その際、大事な洋服やバッグに炭で汚れてしまわないように、薄手の布をかけておくとよいでしょう。重層で、除湿剤を手作りしたい方は、最後の仕上げに、重層に自分のお気に入りのエッセンシャルオイルを数滴たらしておくと、ほのかないい香りにクローゼットがつつまれ、除湿剤兼、芳香剤になります。

 

このように、ひとつの使い道で終わらず、これにも使える、あれにも使えるといろいろな用途を見つけて、新たなものを作り出すのは、おもしろいです。お子さんと一緒に作ってみるのも、お子さんの想像力を育て、エコの教育にいいと思います。

 

炭で湿気対策を
ご家庭では、炭をどのように使っていますか?一般的には夏の休暇、バーベキューに使います。その為、ホームセンターで多めに購入したりしますね。バーベキューの季節が終わると、他に使い道もなく、そのままガレージにしまいっきりにしてしまうのが、毎年の事になるようです。これでは、もったいないですよね。

 

ここで、炭にバーベキュー以外の使い道がないか、考えてみしょう。炭には、湿気を吸収する働き、嫌な臭いを吸いとる消臭の働きがあるのは、有名です。炭には、無数の穴が開いており、そこに湿気や臭いを吸着させます。これは、お家の中の湿気の気になるところに置いておけば、湿気対策に使えそうです。

 

炭と言っても、いろいろ種類もありますが、炭のなかでは、備長炭が効力の面からも一番ですが、他の炭でも、十分、除湿、消臭の効力はあります。では、どのように使うのかというと、炭をタワシで洗って天日干しをして乾燥させます。十分に乾燥したら、除湿剤として使えます。洗う際の注意ですが、洗剤は絶対、使用しない事。

 

洗面所や洗面台の収納部分、台所の流し台の下、床下収納の除湿、下駄箱、クローゼット、押し入れなど、湿気の多いところに置きましょう。炭が湿気を吸ってくれますから、閉めっ切ってじめじめしていた空間も、嘘のようにサッパリします。

 

気になるその効果ですが、やはり、市販の除湿剤より効力は弱いです。その為、炭の量を多めにする事で、十分湿気対策できます。このように、わざわざ除湿剤を買いに行かなくても、家に余っているものでも、十分湿気対策はできます。

 

用途がなくて、家に余っているものはたくさんあります。そのようなものの第二の使い道を見出し、また違った使い方で生活に使えるのならば、これこそ、身近でできるエコですね。

 

除湿・消臭・防虫効果のある炭
湿気対策に炭を用いている人も多いと思います。炭には、湿気や嫌な臭いを吸収する働きがあるので、十分、除湿剤、消臭剤の代わりに使えます。炭ですから、そのままの状態で置いておくと、衣類に黒い炭がついてしまうおそれがあります。

 

そのような事がないように、蓋のついた籠に炭を入れておくのもいいでしょう。クローゼットは、湿気のこもりやすい場所ですから、炭も多めに置きましょう。この方法はおすすめです。箪笥の引き出しに炭を使う場合は、ひとつの引き出しに対して、100g1本程度を目安に入れておくと良いでしょう。その際、通気性の良い白い布や紙に炭を包んで、使用するとよいでしょう。

 

押し入れは、湿気が多く、多めの炭が必要になります。押し入れは、下と上で湿気のたまり方が違いますので、湿気の溜まりやすい下の段には1kgほどの炭を。上段にはその半分くらいの炭を用意して下さい。押し入れに湿気対策として、すのこを敷いている人は多いと思いますが、このすのこと炭をダブルで使うと、より効果的に湿気対策ができます。

 

「すのこ」の間、下に炭を置きますと布団も汚れず、見た目もすっきりします。この炭の除湿剤ですが、ちょっとした手入れをすることで、何回も使う事ができます。炭は、3ヵ月〜6ヶ月で、湿気を吸いきってしまいます。ですから、これくらいが交換時期です。この使用済みの炭は、洗って乾燥させるとまた、除湿に使う事ができます。

 

湿気と同じくらい気になるのが、衣類を食べてしまう虫ではないでしょうか。炭には、防虫効果もありますので、炭を置いておけば、除湿、防虫、消臭と3つの働きをしてくれます。炭は、本当に優秀で、消臭の効果を期待して、冷蔵庫やトイレに炭を置いている人も多いですね。

 

クローゼットの湿気対策
クローゼットの湿気対策はどのように湿気対策していますか?市販の除湿剤を置く、時々クローゼットの扉をあけっぱなしにして、空気を入れ替える。いろいろな湿気対策がありますし、いろいろな湿気対策グッズも販売されています。ここでは、より効果的なクローゼットの湿気対策を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

まず、理解しておいてほしいのは、湿気は水分です。ですから、空気よりも重く、クローゼットの床に近い下のほうに溜まる性質があります。この性質を理解し、床に近い下のほうを重点的に湿気対策をしていくのが効果的です。この湿気の性質からも、除湿剤を置く場所で、最も効果的なのは、一番下である床に置くことです。

 

しかし、空間の有効活用で、クローゼットの服をかけた下の空いたスペースにも、もったいないと収納ボックスなどを置いている人は多いです。あんまりギュウギュウに収納してしまうと、クローゼット内の空気が停滞してしまいますよ。先程も述べたように、床に湿気が溜まりやすいので、ある程度のスペースをとって収納することをおすすめします。

 

また、衣類の種類によって、水分の含み方も違ってきます。綿やウールといった天然素材のものは、本来からある程度の水分を含んでいるので、湿気に弱く、カビやすい傾向にあります。ですから、特にギュウギュウに詰め込むのは厳禁です。湿気が溜まりやすくなり、カビや嫌な臭いが発生しやすい状況を作ってしまう事になりますから、それは避けて、ゆとりのある収納を心がけて下さい。そのような衣服の近くには、クローゼットのバーにかけて使う除湿剤をつるしておくと良いでしょう。

 

たんすの湿気対策
昔は、嫁入り道具に箪笥を持ってくる人が多かったです。今は、衣服の収納にクローゼットを使っているご家庭が増えてきていますが、たんすを使っている人もまだまだ多いと思います。そんな箪笥の湿気対策は、どのようにしていますか?

 

大事な衣服を湿気、カビ、嫌な臭いからしっかり守る為にも、湿気対策は万全に行っておきたいものです。ここでは、より効果的な箪笥の湿気対策を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

湿気には、溜まりやすい場所というものがあります。湿気は、水分なので空気よりも重く、床に近い下の方に溜まりやすい傾向があります。タンスで言えば、上の段ほど、湿気が溜まりにくく、下の段ほど湿気が溜まりやすいということになります。

 

箪笥の引き出しに除湿シートを敷いているという人は多いと思いますが、下の段は特に、しっかり除湿シートを敷き、更に新聞紙を敷くのも効果的です。
また、湿気が停滞しないように、引き出しは、空間に余裕のある収納を心がけましょう。詰め込みすぎは禁止です。こうすることで、空気の抜け道ができ、湿気のこもった空気が停滞する事を防止します。

 

衣替えの時に注意して欲しいのが、衣類の繊維の種類と収納する場所です。湿気は下に溜まりますので、引き出しなら下の段には、湿気に強い化繊や綿、麻製品の収納がむいています。また、引き出しの上には、湿気、虫に弱いシルクやウール、カシミヤなどの収納がむいています。このようなちょっとした工夫で、臭いやカビ、防虫の面で効果に違いがでてきます。

 

除湿剤の効果的な置き場所とは?
湿気の対策に、除湿剤、乾燥剤を使っている人は多いと思いますが、その効果に満足しているという方がどれくらいいるのでしょう。また、除湿剤を置く場所にこだわって置いているという人は、どのくらいいる事でしょう。皆さん、知らない人も多いかもしれませんが、このようなものは置く場所も大切で、それによって効果も違ってきます。

 

より効果的に湿気対策を行う為に、置く場所にもこだわりましょう。それには、湿気の性質を知る事が第一です。正しい湿気の性質を理解し、効果的に湿気対策を行いましょう。湿気は、水分なので、空気よりも重く、床に近い下の方に溜まりやすい傾向があります。ですから、重点的に湿気対策を行う場所は、床に近い下のほうです。

 

除湿剤、乾燥剤は、下に置くのが鉄則です。ちなみに、臭いも下のほうに溜まる性質がありますので、消臭剤も下に置いた方が効果的です。こうすることで、下の方におりてきた湿気、臭いをしっかりとキャッチしてくれます。また、防虫剤は、上のほうに置いたほうが効果的です。防虫剤の成分というものも、空気より重く、下へと降りていく性質がありますが、防虫剤を上のほうに置いておけば、薬の効果が下に落ちて行き、薬の効果が全体に行き渡るからです。

 

このように、除湿剤、消臭剤、防虫剤によって、それぞれ、最も効果的な置き場所も違ってきます。ただ、置いておけばいいのでなく、それぞれの効果や性質を理解しておくことで、その効果を最大限に引き出すことができるのですね。このようなポイントをしっかり理解して、湿気、臭い、虫の対策に役立てましょう。

 

布団の湿気対策
このような経験はありませんか?フローリングの上に布団を敷いて寝て、朝起きると、敷き布団やマットレスに黒くカビが生えていた。現代人は、仕事に追われ、忙しい人が多いと思います。朝の時間は貴重な時間です。「毎朝、布団を上げるなんて面倒くさい!」と思われる方もいると思いますが、万年床では、カビが生えてしまっても仕方ありません。

 

布団、マットレスにカビが生えるならまだいいほうです。もっと、放っておくと、畳、床のほうにもカビが生えてしまいます。そうならない為にも、湿気対策をしっかりしましょう。ちょっとした事で変わってきますので、面倒くさがらず、頑張りましょう。

 

まず、布団の敷きっぱなしは、どうしても、湿気がこもるものです。畳なら、まだ湿気の逃げ道もありますが、フローリングにお布団を直に敷いている場合は、湿気の逃げ道がなくなってしまい、特にカビが生えやすい状況を作り出してしまうのです。朝、お布団を少しでも上げていると、寝ている間に吸った湿気はかなり逃がせます。

 

それでも、布団を毎朝、上げるのは面倒くさいという方には、テレビの通販番組などでよく目にする「布団を敷いたまま折りたためるベッド」などはいかがでしょう。手軽に湿気対策ができます。

 

あとは、週に一回くらいの布団干しも効果的です。やはり、お日様に布団をあてると、ダニ等の防虫にもなりますし、湿気臭い臭いもなくなり、湿気も飛び、ふかふかのお布団で安眠できます。それが難しいなら、布団乾燥機をご利用になるのもいいですね。

 

除湿機とエアコン
梅雨や、湿度が高い蒸し暑い日。そんな日が続くと、湿気にやられてしまい、なんだかだるく感じてしまう事はありませんか?真夏のように、そう温度はそこまで高く上がっていないのに、なぜこう湿度が高いと体がだるくなり、不快感を感じてしまうのでしょう。そんな日に、エアコンはまだ使うのは早いし、皆さんは、湿気の多い季節をどのように湿気対策をして乗り越えていますか?

 

まず、湿気対策で思い浮かぶのが、除湿機です。除湿機で、湿度を下げれば、ジメーっとした不快感を少しは解消できます。雨の最も多い6月で考えると、東京の湿度の平年値は72%です。私達が、快適と感じる湿度は45〜60%。この快適と感じる湿度まで下げる事で、梅雨の時期でもお部屋で快適に過ごすことができます。

 

しかし、ここで勘違いしがちなのが、除湿機はあくまで、湿度を下げる為のものであること。クーラーのように、室内の温度を下げてくれるものでは決してありません。ですから、ジメジメしていて、真夏のように温度も高い時には、除湿機をつけたからといって快適にはなりません。除湿機をつけたからといって室内の温度は下がらないからです。

 

まして、除湿機をつけていると、運転中は熱風を室内に排出することになるので、長時間の運転は、逆に室温を上げてしまう可能性もありますので気をつけて下さい。除湿機の良さ、クーラーの良さをきちんと理解して、正しく使い分けることが大事なのですね。

 

除湿機とエアコンの除湿機能
除湿機を持っているご家庭は、まだまだ少ないと思います。しかし、毎年の梅雨の湿気対策に頭を悩ませている人も多いはずです。「今年こそは、除湿機を買おうかしら?」とお考えの人もいらっしゃると思います。しかし、エアコンは、ほとんどのご家庭にあると思います。そのクーラーに除湿やドライという機能がついている事は、ご存知でしょうか?

 

「あまり使ったことがない」という方、「どんな時に使えばいいかいまいちわからない」という方も多いと思いますが、せっかく付いている機能ですし、使わないと損ですよ。そこで気になるのが、エアコンの除湿機能機と除湿機では、どちらが湿気対策に効果が高いのでしょうか?違いは、室外機が家の外にあるか、家のなかにあるかの違いです。

 

エアコンは室外機が外ですから、室内に溜まっていた熱を外に放出します。除湿機の場合は、室内機、室外機もなにも、一体型です。ですから、熱はそのまま室内に排出されます。この熱によって、室温が少し上がってしまう可能性もあり、暑い夏場、室内に人がいる場合は、除湿機を使うとますます暑く感じてしまうことがあります。

 

クーラ―の除湿機能を使う場合は、その分電気代もいる訳ですが、近年の省エネタイプのエアコンなら、電気代も、新しい除湿機を買う事を考えたら許容範囲なのかもしれませんね。除湿機を買う前に、お家のエアコンの除湿機能を湿気対策に有効に使ってみて下さい。それでも、効果が十分でないと感じれば、それから除湿機を買いに行っても遅くはありません。

 

除湿機で部屋干し
梅雨の時期は、ただでさえ湿度が高く、ジメジメ気持ちのいい季節とは言えません。また、雨が続くと、洗濯物を外に干しても乾きませんから、部屋干しをするという方も多いと思います。すると、ますます、洗濯物の湿気も加わって、室内の湿度はどんどん上がってしまいます。また、洗濯物の部屋干しは、洗濯物の生乾きの臭いが気になるという方も多いですね。

 

どうすれば、湿気の多い時期を快適に過ごすことができるのでしょうか?湿気対策を真剣に考えてしましょう。湿気対策に除湿機を使われるご家庭は多いと思います。除湿機を一日中運転していると、およそ10リットルもの水分を除湿してくれるそうです。そんなにたくさんの水分がお部屋の空気の中に含まれているなんて驚きですね。これでは、ジメジメしても仕方ありません。

 

しかし、これだけの湿気を除湿してくれるなら、梅雨や夏の蒸し暑い日々も快適にさっぱりと過ごす事ができそうです。また、この除湿機は、こんな使い方もあります。除湿機をかけておくと、部屋干しの洗濯物もよく乾きます。これは、除湿効果で洗濯物の水分を吸収してくれる点と、除湿機を運転していると、排出される熱で室内の温度が上がる為、洗濯物の乾きが早くなるからだと言われています。

 

エアコンは室外機が外ですから、室内に溜まっていた熱を外に放出して、室内の温度を冷やすのに対し、除湿機は、室内機、室外機も一体型です。ですから、熱はそのまま室内に排出され、室温が上がってしまうという訳です。

 

浴室の湿気、カビ対策
一年中、湿気の多い場所と言えば、お風呂場ですね。湿気が多いということは、カビも生えやすいということです。ちょっと気を抜くと、すぐに黒いカビが生えてしまいます。また、そのままにしておくと、カビ臭い臭いも気になるものです。皆さんは、お風呂場のカビ対策、湿気対策、予防はどのようにしていますか?

 

お風呂を低温にする、浴室をよく乾燥させる、カビにとっての栄養源を絶つ。これが、カビの発生しやすい状況を絶つ為の基本です。これをふまえた上で、以下のような事を実践すると、カビが生えにくいお風呂環境をつくることができます。

 

・洗い場や壁には、意外とシャンプーやボディーソープが飛びちっています。これが、カビの栄養源になってしまいますので、お風呂の残り湯を利用して、そのような飛び散りを流しましょう。

・浴室内の温度を低温にする為、また、カビにとっての栄養源を流してしまう為、壁や床にシャワーで水をまくのも効果的です。

・お風呂に窓がある場合は窓を開けて換気、換気扇がある場合はつけて、浴室を乾燥させましょう。

・カビにとっての栄養源であるシャンプーの飛び散り等、垢、水分をしっかり拭きとりましょう。

 

最後のシャンプーの飛び散り等、垢、水分をしっかり拭きとりまで、しっかりやれば、カビが生える事も少なくなりますから、あとのお掃除が楽になります。
カビが生えてしまったあとに掃除をするか、カビが生える前にお風呂に入った後、予防のひと手間をかけるか、どちらが楽なのでしょう。カビは、生えてしまったあとでは、カビの根も深くなかなか頑固で、カビキラーのような洗剤を使ってみても、除去に時間がかかります。日頃の一手間が大切ですね。


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.7.16

水回りリフォームで台所のリフォームをできるだけ安くすませる方法

台所リフォームのポイント 台所のリフォームと費用 家の中でもよく使う台所スペースは、主婦にとっては居心地のよい空間であって欲しいものです…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る