二世帯住宅をリフォームするときの費用や相場と情報

二世帯住宅をリフォームするときの費用や相場と情報

リフォームの費用
住宅をリフォームしたいと考える人は少なくありません。しかし、その費用は決して安くありませんから、しっかりと計画を立てることが必要です。特に二世帯住宅を考えているなら、高齢者が住むことを考慮しなければなりません。また、二世帯住宅と言ってもいくつかのパターンがあります。完全に同居するタイプ、ある部分だけを分離するタイプ、完全に分離するタイプです。
 

家族の考え方によって、どのようなリフォームをするかが決まります。費用はまず、予算を考えましょう。予算内でできること以上を考えても意味がないからです。リフォームによって両親を迎えたいと考えている人は、自分たちが出せるお金と両親が出せるお金をしっかりと把握しましょう。いずれは遺産を相続することになりますが、他の兄弟とトラブルにならないような配慮が必要でしょう。

 

リフォームによって二世帯が住むことになりますが、一定のプライバシーを確保することも大切です。どのようなリフォームがいいかは、それぞれの家族で違います。自分たちで判断することが大切でしょう。せっかく二世帯住宅を建てて、楽しく暮らそうと考えていても、しっくりいかないこともあります。まずは両親世帯と子ども世帯で十分話し合うことが大切です。

 

将来、体が不自由になることを想定しておきましょう。手すりなどは後から取り付けることができますが、部屋の間取りを変えることは難しいでしょう。後からできること、できないことをチェックしておきましょう。

 

二世帯住宅のリフォーム
二世帯住宅に限らず、リフォームを考えるなら、その費用はもちろんですが、施工御者選定も重要です。建売住宅を作っている会社とリフォームの会社は違います。また、二世帯住宅をたくさんリフォームした経験を持っている業者の方が様々な提案をしてくれるでしょう。自分たちでは気づかなかったポイントを指摘してくれるかもしれません。

 

また、費用の面ではできるだけ安く上げるために工夫をすることも大切です。一口に二世帯住宅と言ってもいろいろなパターンがあります。完全同居から完全分離まで家族の状況に合わせて計画することが大切です。リフォームですから、現在の間取りをできるだけ活かして計画することも大切です。出入り口や浴室など限定した部分のリフォームをする場合もあるでしょう。

 

予算を考えて、その範囲内でのリフォームが大切です。ただ、親子ローンなどの活用で大幅なリフォームを計画する人もいるでしょう。それぞれの家族の考え方に合わせることが大切です。一番重要なのは家族が満足できるリフォームにすることです。まずは家族会議を開きましょう。どのような考え方で進めるかを明確にしなければなりません。

 

プライバシーを確保しながら、台所を分離したり、浴室を分離したりすることも必要でしょう。リフォームが大掛かりになればそれだけ費用がかさみます。
どこで妥協するかがポイントです。100万円程度のリフォームでもいろいろなことができます。台所だけ、玄関だけに限定にすればいいのです。予算に合わせた優先順位を決めましょう。

 

リフォームの相場
リフォームの中では高い費用となる二世帯住宅の相場はどれくらいでしょう。おおむね30万円以下、150万円以下、それ以上に分かれるようです。もちろん、どこまでリフォームするかによって費用は変わってきます。既存の住宅にあまり手をかけずに二世帯住宅にする例が多いようです。費用を安くしたいと考える人が多いからでしょう。

 

二世帯住宅にするためのリフォームだけではなく、これまでやりたいと思っていたリフォームを合わせると価格は高くなります。二世帯住宅のメリットは何でしょうか。親子が近くにいると言う安心感、子育て支援を親にやってもらえる、金銭面の軽減などが考えられます。30万円程度のリフォームでできることは何でしょうか。基本的にはバリアフリーのための手すりでしょうか。

 

機器代と工事費用で約15万円程度です。階段で滑らないように取り付ける滑り止めは1万円もあれば済むでしょう。建物の構造に手を加える場合には150万円程度かかります。二階にトレイを付ける場合は50万円です。二世帯住宅ではトイレ、浴室、台所など水回りのリフォームが多いようです。

 

玄関の出入りをスムーズにするためのリフォームのありますね。玄関を2か所にするケースもあります。おおよそ100万円程度かかります。この他にもいろいろなリフォームがあります。

 

自分たちがどのような二世帯住宅を求めているか、予算はどれくらいかによって大きく変わってきます。家族で十分話し合うことが大切です。その上で、できる部分をやるようにしましょう。

 

リフォームのポイント
リフォームを考えている人のために、いくつか押さえておきたいポイントを紹介しましょう。まず、リフォームの目的を明確にすることです。二世帯住宅にするのか、水回りの老朽化を補修するのかによって、費用も期間も大きく変わってきます。また、二世帯住宅と言っても、大幅な変更なのか、簡単なバリアフリー化なのかでも変わってくるでしょう。

 

まずは費用と予算を決めましょう。リフォームの全体の流れを知っておくことが大切です。不満がある点を拾い上げていくと、どれだけでも出てくるでしょう。その中で優先順位を付けなければなりません。本当に今やらなければならないリフォームの内容を絞り込むのです。家族全員の思いを満足させることは現実的ではありません。目的を明確にすることです。

 

リフォームに関する情報を収集することも大切です。インターネットにはリフォーム事例がたくさん掲載されています。高齢者のためのリフォームのやり方や、台所、浴室など傷みやすいところのリフォームのやり方など、知っておくと役に立つことがたくさんあります。余分な出費を抑えるためにも調べておきましょう。また、いつまでにリフォームするかも大事です。

 

タイミングを逃してしまうと意味がなくなることもあるでしょう。計画ができたらリフォーム業者に見積もりを依頼します。複数の業者に依頼することが基本です。できるだけ安いところがいいですが、営業マンの対応にも注意してください。リフォームは一度で済まないこともあります。頼みやすい業者を選ぶようにしましょう。

 

リフォームの考え方
同じ家に長く住んでいると、いつかはリフォームしたいと思うでしょう。決して安くありませんから、リフォームに対する考え方をしっかりとしておくことが大切です。目的をはっきりさせて、どんな工事が必要になるかを決めましょう。新築の時から傷んでしまった部分を改修するならば、畳替え、クロスの張替、外壁の塗装などが考えられるでしょう。

 

安全性や居住性を改善したいと考えているなら、間取りを変更したり断熱材を貼り付けたりすることになるでしょう。間取りを変更したいこともあるでしょう。家族が増えて、部屋数を増やす場合や二つの部屋を一つにすることも考えられます。間取りの変更では柱や壁を移動させることになりますから、大掛かりな工事となるでしょう。それだけ費用も掛かります。

 

二世帯住宅を検討するケースもあるでしょう。二世帯と言ってもいろいろなパターンがあります。簡単なバリアフリーで済む場合もありますし、玄関を広げたり、キッチンを二つにしたりすることもあります。費用については余裕を持っておくことが大切です。計画段階では費用が賄えると考えていても、リフォーム中に改修した方がいい場所が見つかることもよくあります。

 

現代の工法を採用することによって、安全性や快適性が高まることも考えられます。自分たちは知らなくても工事業者が提案してくれるかもしれません。
複数の業者に見積もりを依頼しましょう。また、マンションなどの場合、リフォームに制限がある場合もあります。あらかじめ確認しておきましょう。

 

リフォームの情報
リフォームをするなら、会社の比較をすることが肝心です。まずはインターネットでリフォームの情報を集めましょう。全国の住所を選んで、その地域にあるリフォーム会社をピックアップしてくれるサイトがあります。電話帳から探すよりも確実です。リフォームと言っても、様々なパターンがあります。会社によって得意不得意があるのです。

 

二世帯住宅を手掛けている会社なら、二世帯住宅で押さえておかなければならないポイントを教えてくれるでしょう。大きな会社なら人手も豊富ですから、期間を短縮することも可能です。逆に小さな会社は小回りが利きますから、トータル費用で安くなる可能性もあります。費用はできるだけ抑えたいと考えるでしょうが、リフォームの計画をしっかりとしておかなければ予算オーバーになってしまうでしょう。

 

家族で計画を立てましょう。リフォームの事例を見ることで、どのようなリフォームが自分たちの家に合っているかを知ることができます。希望ばかりを考えていると、費用はうなぎのぼりです。予算内でできること、できないことを見極めることが大切です。複数の業者に見積もり依頼をして、それからまた検討すると言う考えもあります。

 

期間に余裕を持っておくことも大切です。リフォームの内容によっては長期にわたってしまうこともあります。最近注目されているのは耐震リフォームや省エネリフォームです。これらには専門的な知識も必要となります。どこの会社でもできることではありません。

 

リフォーム費用を安くする
同じようなリフォームでも費用を安くすることを考えなければなりません。知らないと損をしてしまうことにもなるでしょう。どのような方法で費用を抑えることができるのでしょうか。簡単な方法としては導入設備のグレードを下げるとか、工事の範囲を絞り込むことが考えられます。ただ、計画に反して意外と高い費用になってしまう可能性もあります。

 

安く済ませようとして逆に高くなってしまうケースもあります。どこがポイントかを知っておかなければ高いリフォームになってしまいます。高くついてしまうリフォームの例を上げてみましょう。まず、標準規格から逸脱している寸法が必要となるケースは少なくありません。入り口を広く取りたい、窓を広げたいと思う時に、間取りにピッタリの寸法を希望するでしょう。

 

しかし、メーカー標準品にはない寸法を指定すると、特注品となり費用を高くする原因となります。できるだけ標準で済ますことが大切です。それから、複数の業者が作業するパターンは狭い部分のリフォームでも高くなります。水回りや増築の場合は、材木の工事、外壁工事、内装工事、基礎、屋根、ガス工事、水道工事と業者はバラバラです。人の手がたくさん必要になるのです。当然高くなります。

 

二世帯で住む場合には、高くつくことが多いのですが、二世帯としてどの部分が必要なのかを見極めることが大切です。ケチってはいけないところと妥協すべきところを区別することです。そのために二世帯住宅の目的を明確にしてください。

 

リフォームの悩み
日本の住宅は木造が基本ですから、20年ぐらい経つといろいろなところが傷んできます。また、家族構成も大きく変わり、リフォームしたいと考える人は少なくないでしょう。ただ、簡単にリフォームと言っても費用は無視できない金額になりますから、しっかりと計画を立てることが大切です。悩ましいことです。
まずは家族でどの部分をリフォームすべきかを考えましょう。

 

二世帯住宅を考えている人なら、そのための必要なことを絞り込みましょう。おじいちゃんおばあちゃんと一緒に住むために必要なリフォームを考えてみましょう。浴室は毎日使うものですから一番重要かもしれません。高齢者が安全に利用できるタイプを選びましょう。出入り口の広めに取っておくことで、車いすなどでの移動が可能となります。

 

また、寒い冬場でも脱衣場を暖かくする暖房器具も販売されています。費用と予算の兼ね合いでどこまでの設備を整えるかを決めます。浴室とキッチンとの間にインターフォンを付けておくと、ちょっとした時に会話ができますから安心です。浴槽には手すりを付けることも忘れないようにしましょう。リフォーム会社では二世帯住宅を手掛けたことがあれば、常識として知っていることがたくさんあります。

 

それらを提案してもらうのもいいでしょう。二世帯住宅を考える時にはその費用を両親からある程度補助してもらうことも悪くないでしょう。ただし、他の兄弟に了解を得ていないと、遺産相続の時にトラブルとなるケースもあります。

 

リフォームの口コミ
リフォームに関する口コミサイトを読んでみましょう。これからリフォームする時に参考になるはずです。費用を抑えることを考える人とやってよかったと思えるリフォームをしたいと考えている人がいるでしょう。目的を明確にして、できるだけ安い費用で済ます工夫をしたいものです。口コミで実際にリフォームをした人の感想を聞いてみましょう。

 

もちろん、日本中の人の感想ではなく、あなたが住んでいる地域での口コミが一番参考になります。気候も違いますし、どのような会社があるかわからないからです。二世帯住宅を希望している場合、どのようなリフォームがあるでしょうか。分離すべき部分と共用すべき部分は家族の考え方によって異なります。当然、リフォーム費用も変わってきます。費用と考え方を整理しましょう。

 

口コミサイトの事例をたくさん見れば、失敗例、成功例が見えてくるでしょう。自分たちのリフォームの参考になるはずです。口コミサイトはたくさんありますから、できるだけ目を通しておきましょう。口コミサイトの中には業者を点数で評価しているサイトもあります。主観が入った評価に過ぎませんが、いろいろなことがわかるはずです。

 

実際に注文する前に知っておくことがたくさんあるのです。リフォームの内容は業者と相談しながら決めることもいいでしょう。二世帯住宅が得意な業者なら提案してくれるかもしれません。専門家ですから、ちょっとしたことで安くなるポイントを知っているのです。

 

失敗しないリフォーム
二世帯で住んでいる場合には年齢が高くなるにしたがって、リフォームの必要性が高くなります。介護やバリアフリーを希望する人のためのリフォームで注意すべき点はどこでしょうか。リフォームの費用を抑えながら、目的を達成することが大切です。失敗しないリフォームを目指しましょう。

 

バリアフリーと聞くと段差をなくすことが思い浮かぶでしょう。しかし、段差以外に思い浮かばないことが失敗の元です。バリアフリーとは段差以外にたくさんのことがあります。車いすで家の中を移動することを考えてみればわかるでしょう。玄関が狭すぎませんか。玄関を出てすぐに階段がありませんか。車いすでトイレに行くことができますか。浴室はどうですか。

 

費用をかければ自動ドア、エレベーターなどどれだけでも便利になります。しかし、現実的な対応にはなりません。二世帯で楽しく暮らすことを考えてください。また元気なうちはプライバシーを確保することを主眼にしていいでしょうが、いずれ体が不自由になることを想定することも大切です。どこまでを考えるかが重要です。

 

家族で決めたことをそのまま業者に依頼するのではなく、業者からも提案をもらいましょう。安くて効果的な提案です。提案ができない業者は避けた方が無難です。リフォームは何度もできるわけではありません。失敗しないような配慮をしておきましょう。二世帯住宅はどこまで分離するかがポイントです。費用に直接影響しますから、予算との兼ね合いを考えておきましょう。

 

おすすめのリフォーム費用
おすすめのリフォームを紹介しましょう。二世帯住宅なら費用が高くなるかもしれませんが、できるだけ安くなるリフォームを考えましょう。二世代住宅はストレスを感じないような住居にすることが大切です。両親との適度なプライバシーを確保することで、気兼ねなく生活することができます。そのためには間取りなどもしっかりと考えておきましょう。

 

両親がどちらの親かによって考え方は違います。ご主人の両親と住む場合は、跡取りのことは暗黙のうちに決まっているはずです。親は死後のことに不安になることがありませんし、ご主人も将来の住宅を確保することができます。二世帯住宅に住むからには大家族になります。そのことを楽しいと思わなければなりません。

 

不満があるならいずれうまくいかないかもしれません。肉親であってもお互いを思いやる気持ちが必要です。結婚しても両親とは他人であることは変わりません。お互いの気持ちに配慮することが大切でしょう。リフォームの費用を誰が負担するかも明確にしておきましょう。二世帯住宅では食事を一緒の食卓ですることが多くなります。食事の準備や後片付けなどみんなで助け合いましょう。

 

それが二世帯住宅の良さです。大掛かりなリフォームをすると費用は高くつきます。十分に話し合うことが大切ですね。また、将来、体が不自由になることを想定した間取りを考えておきましょう。一時的に高い費用となっても、後からの出費を抑えることができます。

 

リフォームと年齢
リフォームをする年代は何歳ぐらいでしょうか。若い時にリフォームをする人はほとんどいませんから、高齢になってからのリフォームが多くなります。統計データを見ると、日本全体で年毎のリフォームの支出費用は多少の変動があります。しかし、65歳以上の支出額は毎年変わっていませんし、65歳未満と比較すると圧倒的に多くなっています。

 

つまり、高齢者がリフォーム費用を負担しているのが実態です。高齢者のリフォームは二世帯住宅への対応と想定されます。自分たちが住んでいる住宅へ子ども夫婦を呼ぶパターンと高齢者が子どもの家に引っ越すバターンが考えられます。どちらの場合でも高齢者が費用の多くを出しているのでしょう。
特に若い世代であれば、リフォームの資金さえ持っていないかもしれません。

 

二世帯で住むことによって、双方にメリットがあると考えられます。都会では住宅事情が厳しいですから、すでに所有している住宅の有効活用が重要となるのです。リフォームの費用をどれくらい出しているかのデータでは高齢者は500万から1,000万円の支出が一番多くなっています。40代と比較すると倍以上です。

 

高齢者がリフォームをする要因は体が不自由になったためと言うことでしょう。バリアフリー化や暖房の設置などは高齢者が自ら行っているのです。もちろん、リフォームによってすべてが解決できるわけではありません。様々な問題は残っていても、そのまま住み続けている人も少なくありません。

 

中古住宅のリフォーム費用
中古住宅を購入してから、二世帯住宅のリフォームをする人も少なくありません。新築住宅を購入した場合と比較して費用は安くなるのでしょうか。もちろん、中古住宅の状況によって費用は変わってきますが、自分が気にならない部分のリフォームをする人もいるでしょう。全体的に見ると中古住宅のリフォームが安い費用で済みます。

 

中古住宅のリフォームのメリットを考えてみましょう。おおよその金額ですが、1,000万円もかけてリフォームをすれば、ほぼ新築と変わらないようになるでしょう。ただ、どこまでリフォームするかによって費用は大きく変わってきます。リフォームを始めたら、いろいろなところの傷みに気づくこともあります。それらをすべてやり直そうとすると、2,000万円以上かかるかもしれません。

 

それならば新築住宅を購入した方が楽でしょう。何も考えなくて済むからです。中古住宅をリフォームすることのメリットは費用の面だけではなく、住む時の満足度が高くなる可能性が高いでしょう。自分の好みに合わせてリフォームするのですから当然のことです。一戸建て住宅ならば、どんなリフォームもできますが、マンションの場合は注意が必要です。

 

共用部分のリフォームは基本的にできません。共用部分は老朽化しても、自分の費用でリフォームするとトラブルの元になってしまいます。二世帯住宅にリフォームしようと考えているなら、さらにしっかりと考えることが大切です。両親と住むことのメリットは確かにありますが、デメリットもあることをわかっておきましょう。

 

リフォーム費用の比較
リフォームの費用を比較して、どれくらいが妥当なのかを考えることが大切です。もちろん、どのようなリフォームをするかによって費用は変わってきますが、目的を明確にするようにしましょう。費用だけを考えて、本来の目的が達成されなければ意味がありません。二世帯住宅を快適にするためにどのようなリフォームができるのでしょうか。

 

両親の年齢によっても必要なリフォームは変わってきます。手すりだけがあればいい人もいますし、車いすでの移動が必要な人もいるでしょう。最近は耐震リフォームが注目されるようになってきました。二世帯住宅ではさらに安全性を高めることが求められています。太陽光発電設備も人気ですね。将来にわたって、電気代を節約できるのですから、そのメリットは大きいでしょう。

 

家族が希望するリフォームについて、しっかりと話し合いましょう。ただ、バラバラ希望ばかりを出すと、収拾がつかなくなります。費用とメリットのバランスを取ることが大切です。老朽化している家屋なら、その補修を最優先に考えましょう。リフォーム業者を比較して、安いところを選ぶことも大切ですが、リフォーム後のメンテナンス費用も考慮しておかなければなりません。

 

家はずっと住み続けるものですから、短期的な視点だけでは見落とすことがあります。二世帯住宅は家族間の付き合い方をどう考えるかによってリフォームが変わります。お互いの距離をどの程度取るかがリフォーム内容となります。

 

親子のためのリフォーム
二世帯住宅は親子が楽しく暮らしていくための住宅です。不都合があるならリフォームで改善するといいでしょう。二世帯住宅の費用を負担するのは多くの場合両親です。リフォームの目的を明確にして、リフォームの場所を限定することが大切です。それによって費用を抑えることができるからです。親子のためのリフォームを考えてみましょう。

 

高齢者のためのリフォームはよく聞きますが、親子にメリットがあるリフォームを考えることが大切です。もちろん、バリアフリー化は大事なことですが、それだけで済ますのは片手落ちです。誰でもだんだんと歳を取っていきます。二世帯住宅に住んでいれば、自分がバリアフリーを必要とすることになるでしょう。

 

元気なうちは気づかなかったことでも両親を見ていると不自由な点があることわかります。ただ、すべての問題を解決しようとすると大変な費用が掛かります。どこかで妥協する必要が出てくるでしょう。何を優先して、何を後回しにすればいいのか、家族で話し合いましょう。みんなの考えを知ることで、リフォームのやり方を変えることになるかもしれません。しかし、それはいい結果をもたらすことになります。

 

リフォームの目的が家族に理解されていれば、それで十分です。手すりや暖房などが必要かどうかも検討しましょう。今は元気でも体が不自由になる日が来るでしょう。その時に改めてリフォームを考えてもいいのです。日本の家屋はリフォームしやすいようにできています。

 

二世帯住宅のリフォーム例
二世帯住宅のリフォーム例を紹介しましょう。二世帯住宅の生活スタイルは大きく3つに分けられます。完全分離型、部分同居、完全同居です。それぞれプライバシーをどこまで確保するかと言うことでしょう。これまでの生活やお互いの考え方によって、どれを選ぶかを決めなければなりません。両親と子どもの間で意見の食い違いが発生するかもしれませんが、費用の掛かり方が違いますから、リフォームを決める前にしっかりと話し合っておくことが大切です。

 

まず、完全分離型では庭や通路を共有部分として独立したエリアで生活しています。玄関や郵便受けも別々です。マンションやアパートをイメージするとわかりやすいでしょう。建屋も別にするパターンもありますが、これは敷地だけが一緒になっているだけの別の建物となりますから、二世帯住宅とは言えないでしょう。メリットはお互いのライフスタイルが干渉されないことです。

 

費用が掛かることやスペースの無駄が大きいことがデメリットとなります。それから、部分同居型は玄関、浴室、キッチンなどを共用するタイプです。共用部分をどの範囲までとするかによって、生活スタイルが変わるでしょう。光熱費や電話代などをどのように負担するかを明確にしておくことが大切です。
最後は完全同居です。
プライベートな寝室などをのぞいて、すべて共用となります。リフォーム費用を安く抑えることができます。高齢者と若い人の生活パターンの違いからトラブルになる可能性もあります。

 

リフォームのトラブル
リフォームは十分信頼できる業者に依頼することが大切です。そうしないと後でトラブルになってしまうこともあります。もちろん、その業者が信頼できるかどうかは、依頼したことがなければわかりません。予想外のひどい業者に頼んでしまったことに後で気づいても遅いのです。リフォームをする時は、まず目的と費用を明確にしておきましょう。

 

安く上げようとして、結果的に高い費用が掛かってしまうのがリフォームです。リフォーム途中で予定外の補修をしなければならなくなることがあるのです。リフォーム業者と細かい打合せをしておきましょう。約束したことは書面で残すことです。どうしてもこちらの主張を聞いてもらえない場合は弁護士などに相談することも考えなければなりません。

 

ただ、思い込みだけで考えていると、リフォームの内容が正確に伝わらないこともよくあります。業者が悪いのではなく、依頼主側が悪い場合もあるのです。二世帯住宅では段差をなくすなどのバリアフリー化が重要ですが、住居の構造によっては完全にできないケースもあります。それらを施工前に確認しておきましょう。

 

せっかくの二世帯住宅が思ったホとよくならなければ目的が達成できないでしょう。費用を安くするためにどの部分を諦めるかは施工業者と話し合っておくことが大切です。現場での話は双方の行き違いになってしまうことが多いようです。トラブルにならないためにも事前の対策を取っておきましょう。満足のいくリフォームとなるようにしてください。

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.8.4

いまのお住まいの「危険な場所」助成金で見直しませんか。

お住まいの「危険な場所」を見直してみませんか。 子どもにとっては夏休みは学校が長期間お休みなので、ワクワクする毎日…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る