トイレのリフォームならトイレ空間アドバイザーにお任せください。

トイレのリフォームのポイント

 

トイレのリフォームで注意しなければならないことを説明しましょう。 まず、どのようなトイレにしたいかと言うことです。 和式トイレを洋式にするパターンが一番多いかもしれません。 しかし、最近のトイレはすでに洋式の方が多いはずです。 ただ、洋式の場合でも温水洗浄や脱臭機能が付いているかわかりません。 リフォームを考えている場合は、最新のトイレに交換しましょう。

 

中途半端なリフォームは後で後悔します。 少しリフォーム費用がかかっても、これからの若い人たちが利用することを考えてください。 実は温水洗浄便座の価格は決して高くありません。 思っている以上に安くて済みます。 まずは見積もりをしましょう。 賃貸住宅の場合は、大家さんに言えばリフォームをしてくれる場合が多いです。 住居者の方から申告しないと大家さんは何もしません。

 

これから自分の家のトイレをリフォームしようと考えているなら、まずは10年後を考えてください。 トイレは高齢者にとって非常に重要です。 極論をすれば、若い人たちのことは考えなくていいのです。 若い人は最終的には他所に行ってトイレを済ませればいいでしょう。 しかし高齢者はそうはいきません。 自宅から動くことができません。

 

毎日のトイレが気持ちよくできるかどうかは、長生きできることと密接に関係しています。 そのことに気づいてください。 だからこそ、現代のトイレはリフォームが重要になっているのです。 どこのメーカーに相談しても同じことを言われるでしょう。

 
トイレのリフォームの相談
トイレは家の中でも特別な空間です。 きれいで快適にしておきたいと思うでしょう。 そのためトイレのリフォームを考える家庭も多いのですが、どのようなリフォームがいいのか悩んでしまいます。 まずは施工会社などに相談してみることでしょう。 ただ、リフォームありきの相談では、価格や便器の形などがメインの話になってしまいます。 リフォームの目的を明確にすることが大切でしょう。

 

トイレの便器はどれも同じだと思っていませんか。 実はメーカーによって微妙に違いますし、同じメーカーでも形によって違うのです。 それから、便器だけを見るのではなく、壁紙やトイレットペーパーの取り付け位置など気になるところはたくさんあります。 最近の便座は温水洗浄便座が主流です。 便器と一体型になっているタイプもありますが、別売りで後から取り付けられるタイプが多いでしょう。 トイレをリフォームせずに便座だけを交換することができるのです。 まずは自分の家のトイレがどのような形になっているかを確認しましょう。

 

インターネットで調べてみるとすぐにわかります。 便器にはメーカーと型式が記載されています。 和式トイレを洋式にリフォームするケースが一番多いかもしれません。 高齢者がいる家庭では、手すりなどを付けるリフォームもあるでしょう。 トイレのリフォームは10年後、20年後を見据えて行うべきでしょう。 施工会社がそこまで考えてくれるとは思えませんから、家族でじっくりと話し合ってください。

 
トイレのリフォームと温水洗浄
温水洗浄便座をすでに使っている家庭も多いでしょうが、賃貸マンションなどでは利用者が自分で設置しなければならないケースがほとんどです。 最近建設された物件なら、温水洗浄便座になっているでしょう。 トイレのリフォームの際に温水洗浄便座に変更することが多いようです。 ただ、リフォームをするまでもなく、温水洗浄便座だけを交換することができます。

 

トイレに使用する温水洗浄便座の交換する時の注意事項を紹介しましょう。 まずは、現在のトイレの便器の形や寸法を確認します。 そのためには便器に貼ってあるラベルから品番を確認しましょう。 品番がわかればメーカーのホームページから正確な寸法を確認することができます。 その次に、便器の周囲の空きスペースを測ります。 便座のふたを開ける時のスペース、操作ボタンのスペースなどが必要です。

 

空きスペースがないと設置できないケースがあるのです。 便器の品番がわかれば、利用できる温水洗浄便座の型式が決まります。 温水洗浄便座はいくつかのメーカーがありますから、自分の好みで選べばいいでしょう。 基本的な機能は変わりません。 ただ、形やボタン操作が少し違いますから、説明書をよく読むことでしょう。

 

温水洗浄便座の取り付けは簡単です。 便座の後部にボルトがありますから、それを緩めると外れる構造になっているのです。 女性は無理かも知れませんが、男性なら簡単に交換できるでしょう。 トイレを温水洗浄便座に交換するだけで、トイレが快適になることは間違いありません。

 
トイレのリフォームの費用
トイレのリフォームを考えているなら、どれくらいの費用がかかるのか気になるところです。 リフォームと言っても、どの部分を替えるかによって費用は変わってきます。 最近のトイレ本体は節水トイレが主流です。 したがって、トイレ本体の交換、ウォッシュレット設置、およびそれらの工事すべてを合わせて、10万円以下が主流でしょう。

 

もちろん、壁や床の張替などもリフォームする場合は、その費用を見ておかなければなりません。 ただ、便器の交換、便座の交換は自分でもできます。 それほど難しくないからです。 費用をかけたくないなら自分でやってしまいましょう。 注意しなければならないのは、水回りですから、きちんと締めておかないと水が漏れてしまうことです。 温水洗浄便座だけの交換は簡単です。

 

便座の場合は汚水が漏れてしまうことになりますから、確実な工事が肝心です。 それが心配なら、施工業者に依頼しましょう。 節水トイレや温水洗浄便座にはいろいろな種類があります。 どれを選ぶかによって、費用は大きく変わってくるのです。 温水洗浄便座は脱臭機能が付いているタイプが多くなりました。 メーカーのショールームやホームページで確認しておきましょう。

 

ただ、実際に使用してみなければわからないこともたくさんあります。 カタログだけでは決められないのです。 他所に出かけた時に、取り付けられているトイレの温水洗浄便座の使い心地を確認するのもいいでしょう。 慌ててリフォームする必要はありません。

 
トイレのリフォームとマンション
賃貸マンションの場合、トイレのリフォームをすることはできませんが、便座を温水洗浄便座に交換することはできます。 普通の便座を取り外して新たに購入した温水洗浄便座に替えればいいのです。 もちろん、出ていく時にはリフォームした便座を元に戻しておきます。 温水洗浄便座は次のマンションでまた使用すればいいでしょう。

 

温水洗浄便座の交換は自分でできます。 ただ、トイレ内にコンセントがないと、電気工事が必要となりますから、少し面倒になるでしょう。 ほとんどのマンションではコンセントを設置していると考えられますから、あまり心配しなくてもいいでしょう。 温水洗浄便座を購入する前に、トイレの便器の形や周りの空きスペースを確認しておきます。

 

狭いトイレの場合は、取り付けられない場合もあるからです。 マンションの造りによって、トイレ空間はかなり違います。 トイレは家の中で重要な空間ですが、施工業者がどこまで考えているかわかりません。 単に便器を置くスペースがあればいいと考えている場合は、窮屈な空間になっているのです。 マンションを選ぶ時にトイレをまず見ると言う人もいます。

 

それだけ重要視しているからです。 台所は使用しなくても、トイレを使用しない人はいません。 毎日の日課です。 家が快適かどうかはトイレで決まるのでしょう。 あなたは温水洗浄便座がいいですか。 これから便座を選ぶのであれば、最新式の便座にすべきです。 毎日を快適に過ごすことが大切なのです。 インターネットで便座の種類を確認しましょう。

 
トイレのリフォームの問題
家族の不満を取り除くためのトイレのリフォームですが、不満が残ってしまうことも少なくありません。 リフォームの失敗例から、どこに問題があったのかを考えてみるといいでしょう。 トイレの床材の選び方を間違ってしまい、無垢の床材が黒くしみだらけになってしまいました。 トイレは水を使用することが前提です。 水に強い素材を使用しなければならないのです。

 

タイル床もいいでしょうし、ビニールシートタイプでも構いません。 汚れることを前提として、掃除しやすい素材を選んでください。 トイレの便器には手洗い器が付いたタイプがあります。 手洗いをして、タオル掛けまで手を移動させる時に、水滴が床に落ちてしまいます。 年数が経つとかなり汚れが目立つようになります。 タオル掛けの位置に対する配慮がなかったためです。

 

見かけをすっきりすることも大切ですが、実際に使用する時のことをイメージしなければなりません。 水がかかるところにはそれなりの対策をしておかなければならないのです。 温水洗浄便座を使用したいと思う人は多いのですが、そのために便座の大きさが大きくなることがあります。 取り付けは問題ないのですが、トイレ全体が狭くなって、使用しにくいケースもあります。

 

リフォームではトイレのスペースを変えることはできませんから、便器の大きさを確認しておくことが大切です。 使用者が座ったり立ったりするスペースを確保しておきましょう。 トイレのリフォームは失敗したからと言って、やり直すことは容易ではありません。

 
トイレのリフォームの悩み
トイレは家の中でも重要なスペースです。 長年使用しているうちに、部屋全体が傷んできます。 トレイの悩みとして多いのは、便器の黄ばみ、黒ずみなどの汚れ、床が湿気によってぶかぶかになってしまうことなどです。 それから、ずっと和式トイレだったけれど、高齢になってきて洋式トイレが欲しいと思う人もいます。

 

最近のトイレは節水トイレが注目されていますが、そのためだけにリフォームする人はいません。 リフォームする悩みがあって、その時に節水トイレが選択肢となると言うことでしょう。 トイレは水を使いますから、どうしても他の部屋に比べると汚れてきます。 汚れることを前提として、掃除しやすい便器や便座などを選ぶことが大切です。

 

便器は陶器でできていますが、特殊なコーティングをすることによって汚れが付きにくく、掃除もしやすくなったタイプが販売されています。 トイレのリフォームは何度もするわけではありませんから、どうせリフォームするなら、最新の設備に交換してはどうでしょうか。 快適なトイレ空間は生活を快適にしてくれます。 これまでトイレの悩みがあったならば、それをすべて解消するようにしましょう。

 

メーカー毎にトイレの形は違います。 それぞれが工夫しているのです。 トイレリフォームをする時は施工業者に見積もりを取りましょう。 どこまでやり直さなければならないかは、傷みの状況によって異なります。 一番簡単なのは暖房便座だけを取り付けることです。 これなら業者に依頼しなくても、自分でできるでしょう。

 
トイレのリフォームの失敗
トイレリフォームの失敗例を紹介しましょう。 雰囲気をよくしたいと思って間接照明にしたけど、暗すぎて健康チェックができないと言うケースがあります。 基本的にトイレは個室ですから、自分だけで過ごすのです。 できるだけ明るくしておきたいものです。 最近は排便の状況によってある程度の健康度合いを見ることができると考えられるようになりました。 暗くするのは大きな間違いですね。

 

それから、明るくしようと窓を広げたら外からの視線が気になるようになった例もあります。 これは程度問題ですね。 トイレットペーパーや衛生用品の収納場所も失敗が多いようです。 トイレに座ったままではトイレットペーパーが取れない場所にあるとか、床においてしまうと汚れが気になってしまうと言う失敗です。

 

実際にトイレを使用する時のことをイメージしておかなければなりません。 トイレで使用するスリッパも失敗が多いようです。 スリッパが扉に引っかかってしまうのです。 トイレをリフォームしても、床にトイレマットを敷きます。 その高さを考慮しておかなければならないのです。 このような失敗をしないためにどうすればいいでしょうか。

 

トイレのことをよく知っているリフォーム業者を選ぶことが大切です。 多くの施工業者は家を建てたり、リフォームをしたりしても、その後のフォローをしていません。 自分たちが作った家にどのような不満があるのかを把握していないのです。 その点で言えば、大手施工業者の方が情報を共有していますから、失敗例から学んでいることでしょう。

 
和式トイレのリフォーム
和式トイレを洋式トイレにリフォームしたいと言う希望は多くの人が持っています。 ただ、床下の構造を変えて、便器も変更しなければなりませんから、自分でできるわけではありません。 施工業者に依頼することになるでしょう。 どれくらいの費用がかかるのでしょうか。 調べてみればわかりますが、意外と安く、最低料金であれば20万円弱です。

 

もちろん、便器の種類によって金額は異なってきます。 最新型の便器や温水洗浄便座を取り付けるとプラス5万円程度と見ておかなければなりません。 せっかくトイレをリフォームするのですから、快適な空間にしたいものです。 ただ、本来のスペースを広げようとするとかなり大掛かりな工事となりますから、限られたスペースを有効に利用する工夫が必要です。

 

トイレリフォームの失敗の多くは、実際に使用する時のことを考えていないことが原因です。 トイレに座って用を足している自分をイメージしてみましょう。 何か不満に思うことがないでしょうか。 和式を洋式にするだけで快適さは随分と違いますが、それだけで終わらせるのはもったいないでしょう。 自宅外でトイレを使用する時に、どのような工夫がなされているかチェックしてみましょう。

 

参考になることがたくさんあるはずです。 最近建てられた家なら和式トイレを採用していることはほとんどないと言えますが、昔からの家にはまだ和式が残っています。 高齢者にとって和式は負担が大きいのです。 家族が快適に過ごせるようにトイレをリフォームしましょう。

 
トイレのリフォームの業者
住宅の中でも水回りを専門的に行っている業者はたくさんあります。 トイレのリフォームを思い立ったら、業者選びをしっかりとやりましょう。 トイレのリフォームで失敗すると、その後ずっと不満を持ったまま暮らしていかなければなりません。 そんな思いをしなくても済むようにリフォームの計画を立てるのです。 もちろん、費用についても考えておかなければなりません。

 

床材、壁材の交換をするのか、便器を交換するのかと言ったことも費用に大きくかかわってきます。 水を使用しますから、年数とともに床が湿気で傷んでくることは避けられません。 いずれはトイレのリフォームをしなければならないのです。 床が湿気でぶかぶかになってしまっている場合は、床の張替が必要になります。

 

最悪の場合は配管を変更することになるでしょう。 最新のトイレ機器のことだけではなく、トイレ全体をどのような作りにするのかをしっかりと把握している業者を選びましょう。 インターネットの比較サイトなどもありますが、基本的にリフォーム業者は地元が営業範囲です。 地元の小さな業者でも構いませんが、経験豊富な業者に依頼するようにしましょう。

 

価格だけで施工業者を決めてはいけません。 安いだけで何も考えていないことが多いからです。 もちろん、異常に高い業者も遠慮しておきましょう。 最終的には工事業者からの見積もりで判断することになりますが、どこまで考えているかを直接話してみることです。 その場でアドバイスが出てくる業者は施工も確実にやってくれるでしょう。

 
トイレのリフォームの情報
リフォームは今住んでいる家に不都合があるからやるものです。 トイレのリフォームも同じです。 具体的になぜ困っているのかを明確にしましょう。 リフォームの程度によって、必要なお金は変わってきます。 トイレは家族全員が利用します。 各人の意見を聞いてみましょう。 あなたの考えだけでリフォームを決めてしまわないことが大切です。

 

リフォームは施工会社によって出来栄えが違ってきます。 最新式の便器や温水便座を取り付けたいのでしょうか。 床や壁は傷んでいませんか。 年月が経つと湿気によって床がはがれてしまいます。 湿気を避けることはできませんから、数十年経ったらトイレのリフォームは必要と考えておきましょう。

 

高齢になって、トイレの利用がままならなくなった時にスムーズに対応できるようにしておきたいものです。 最近のトイレの情報はインターネットで調べることができます。 メーカーのホームページにも掲載されていますし、施工業者の情報もあります。 工事費込みの金額が提示されています。

 

自宅のトイレの形やスペースなどをきちんと確認しておきましょう。 便器や温水洗浄便座を選んでも取り付けられないという事態にならないように気を付けてください。 節水便器が注目されています。 少ない水できれいに洗い流してくれるタイプの便座です。

 

汚れにくいように特殊なコーティングを施したタイプもあります。 温水洗浄便座は安い商品で2万円台です。 どのような機能が必要なのか確認してください。

 
便器メーカーとトイレ
トイレの便器メーカーとして一番有名なのはTOTOでしょうか。 必ずどこかで見たことがあるはずです。 トイレのリフォームをする時には、メーカーを気にする必要はありません。 どこのメーカーの便器にも温水洗浄便座は取り付けられるからです。 ただし、便器ふたを開けた時にタンクに当たらないような機種を選んでおくことが大切です。

 

自分で温水洗浄便座の交換はできますが、便器周辺のスペースがなくて取り付けられないこともあります。 TOTO以外ではINAXとパナソニックが販売しています。 それぞれのメーカーは独自色を出すために、洗浄の方法を工夫しています。 少ない水で効率よく洗浄すること、トイレの臭いを遮断することが、重要なポイントです。

 

各メーカーのホームページを見てみましょう。 便器がなぜこのような形になっているのかが解説されています。 初めて知ることも少なくないでしょう。 毎日使用しているトイレですが、知らないことが多いのです。 リフォームを考えるようになってから、トイレに詳しくなる人は少なくありません。 どのようなリフォームが理想なのか、トイレでどのようなことが困っているのかを確認しましょう。

 

困っていることに気づいていない場合もあります。 トイレのリフォームは1度限りとなることが大半ですから、失敗しないように便器を選びましょう。 それぞれの家庭で最適な便器は違っています。 各メーカーの特長とメリットを調べてください。 リフォームをする時は、悩みを解消することが大切です。

 
最新のトイレとリフォーム
トイレは体が弱っても使い続ける空間です。 できることなら、リフォームの時に最新のトイレにしておきましょう。 後で後悔しても、2回もリフォームする人はいないからです。 最新のトイレを紹介しましょう。 まずはタンクがない便器です。 便座の後ろ側に付いているのですが、節水機能をアップさせていますから、小さなタンクで済むのです。 見た目は非常にすっきりしています。

 

ただ、手洗いができませんから、別に手洗い器を取り付けなければなりません。 トイレの配置によって、利用できるかどうか判断しましょう。 TOTOのトイレはふちなしが特徴です。 トイレ掃除がかなり楽になります。 どんなに新しいトイレを作っても、どうしても汚れてきます。 お掃除をすることが前提ですから、楽にできるように考慮されているのです。

 

パナソニックの商品はトイレ掃除を自分でやってくれます。 何もしなくて済むのですから、かなり期待できますね。 ポイントは有機ガラス新素材です。 汚れをはじくため、水で洗い流すだけで済むのです。 もちろん、洗浄水の流れは綿密に設計されています。 INAXのトイレは組み合わせが自由です。

 

排水管やトイレの寸法に合わせて自由自在に組み合わせられますから、リフォームには便利ですね。 最新のトイレのカタログを見ていると、すぐにでもリフォームしたくなります。 もちろん、最新式のトイレの価格は高くなりますが、これから何十年も使用することを考えれば、決して高い買い物ではないでしょう。

 
トイレのリフォームなら
トイレのリフォームなら、まずはメーカーのショールームを見てみましょう。 施工業者にいきなり相談すると、工事費などと一緒に見積もりを出してきます。 便器や温水洗浄便座の選択肢が狭くなってしまうのです。 メーカーはいろいろなトイレを販売しています。 それぞれに特徴があるのです。

 

価格が高くなると高機能になりますが、安い商品でも目的によっては十分な場合もあります。 どのような機能があり、それが自宅に必要かどうかを判断しましょう。 トイレは人の生活において非常に重要な空間です。 トイレの悩みだけでリフォームを考える人がいるほどです。 まず、自分がトイレのリフォームで何を求めているかを明確にしましょう。

 

あいまいなままで見積もりを取ってはいけません。 節水トイレにして、水道代を節約したいですか。 ウォッシュレットが付いていないので、ウォッシュレットを取り付けたいのですか。 段差があるトイレを段差なしにリフォームしたいのでしょうか。 便器が黄ばんでしまっているので、新しい便器に変えたいのでしょうか。 人それぞれの悩みがあります。

 

ショールームに行っただけで、すべてが解決するわけではありません。 家族でじっくりと検討しましょう。 トイレのリフォーム事例もインターネットにたくさんあります。 目的に合わせて、便器や便座を選択するのです。 トイレのスペースを買えるリフォームは大掛かりになりますから、内部だけを変えることが現実的です。 新しいトイレで気持ちよく過ごしましょう。

 
トイレの仕組み
毎日使用しているトイレですが、その仕組みを知っているでしょうか。 レバーを回すだけで、水が流れ出し、汚物をきれいに洗い流してくれます。 一定量の水が流れた後は、水が漏れないように止まってくれます。 故障すると、水が止まらなくなったり、水が出なくなったりします。 自分で修理することもできるのですが、簡単ではありませんから、専門業者に依頼すべきでしょう。

 

ただ、トイレが水浸しになってしまわないように、どこを回せば水が泊まるかくらいは知っておきましょう。 トイレには止水栓と呼ばれるネジがあります。 ドライバーなどで回すタイプが多いのですが、それでトイレの便器に水が供給されなくなるのです。 トイレの調子が悪くなって、床が水浸しになったり、頻繁に水が漏れたりするのであれば、いっそのことリフォームして、新しいトイレに変えることも悪くありません。

 

もちろん、そのためにはトイレ代と工事費が必要です。 リフォームのための見積もりを取ってみましょう。 どうせなら最新式の便器にすると、きれいになってうれしくなります。 トイレがきれいだと、毎日が楽しくなってきませんか。 トイレの仕組みをすべて知っておく必要はありません。

 

通常のトイレはタンクが付いていますが、最新のトイレはタンクがありません。 どこに行ったのでしょうか。 それともタンクを必要としないのでしょうか。 また、トイレの便器の底にはいつも水が溜まっています。 これが異常だと勘違いする人もいます。 配管からの臭いを水で遮断しているのです。

 
水洗トイレのリフォーム
汲み取り式のトイレを水洗トイレにリフォームしたいと考えている人はたくさんいますが、下水道が通っていない地域では浄化槽を設置することになります。 浄化槽の設置については地方自治体からの補助金などを受けることができるようです。 リフォームを考えるなら、施工業者を選ぶことから始めなければなりません。

 

施工業者によって工事費の見積もりに大きな差が出るようです。 どこまで工事をするかによって違いがあるからでしょう。 見積もりを取る際に、リフォームの範囲を明確にしなければ見積もりができません。 単に汲み取り式を水洗式トイレにするだけなのか、トイレの内容を張り替えたり、コンクリート工事をしたりするかどうかで、金額は全く違います。

 

どうせリフォームするなら、最新式のトイレがおすすめです。 ただ、浄化槽との相性もあるかもしれません。 いずれにしても、経験豊富な施工業者を選ぶことが大切です。 補助金のことなども施工業者が知っているはずです。 それを知らない施工業者は避けるべきでしょう。 日本にはまだまだ汲み取り式のトイレがたくさんあります。

 

下水道が整備されているのはまだ半分程度と言われているのです。 日本中に下水道が整備されることはありませんが、せめて水洗トイレは設置したいものですね。 高齢者がいると、和式は困難ですから、洋式のトイレにするでしょう。 インターネットで施工例などを参考にして、自宅のトイレをどうリフォームするか検討しましょう。

 
トイレのリフォームと家族
家族みんなが使うトイレです。 できるだけ快適な空間にしたいと誰もが思うでしょう。 しかし、長年使っていると湿気で床が緩くなったり、汚れが取れなくなったりします。 また、家族が安心して使用するためにトイレの安全性もおろそかにできません。 高齢者の場合はトイレで倒れたと言う話をよく聞きます。 それには理由があります。 トイレが快適な空間ではないからです。

 

例えば冬場のトイレは非常に寒いでしょう。 暖房便座もなければ、便器に座っただけで心臓が縮こまってしまいます。 心筋梗塞を起こしてしまうのです。 また、水回りと言うことで床が湿っているため、滑って腰を売ったと言う例もあります。 小さな子どもからお年寄りまで同じサイズの便器を利用するのです。 どこかに無理が来るのでしょう。

 

トイレをきれいにしておくことは来客の際に大切です。 もちろん、家族が使用する時も気持ちが良いはずです。 最新式のトイレなら、自分で洗浄する機能まで付いています。 また、使用する水の量は最小限に抑えられています。 これからトイレのリフォームを検討している人は、家族全員が気持ちよくなれるトイレを考えておきましょう。 機能面だけではなく、空間としての快適性です。

 

もちろん、安全面も配慮しましょう。 施工業者がすべてやってくれると思ったら大間違いです。 施工業者は言われたことだけをやるのです。 あなたがどのようなトイレにしたいかを説明して、それを実現してくれるだけです。 トイレのリフォームに家族全員が期待しています。

 
トイレの悩み
トイレは誰でもが必要としていますし、トイレでやることはわかっているはずです。 しかし、自分がトイレを使用することが周りの人に知られることが恥ずかしいと思ってしまう人も少なくありません。 友達と旅行に行った時に、トイレのことで悩んでしまうのです。 臭いや音を出さないように気を付けても無理があります。

 

最近はそのような悩みを解消するためのグッズがあります。 臭いを一瞬で消してくれる薬です。 ほのかなミントの香りがしますから、すぐ後に入った人も気にならないはずです。 もちろん、温水洗浄便座などを設置したトイレなら、脱臭機能が付いていますから、このような悩みもなくなるでしょう。

 

トイレのリフォームを考える時は脱臭機能が必需品です。 それから、音の悩みです。 音を出さずにトイレを済ますことは、かなり無理があります。 我慢してしまうと健康に悪いことは間違いありません。 トイレの中でメロディーを流してくれるアイテムが人気です。 これなら誰にも聞こえないでしょう。

 

トイレは誰もが利用するのですが、周りの人を不快にさせないような苦労をしているのです。 特に女性が悩んでいるでしょうが、男性でも同じことです。 自分の家ならトイレのリフォームをして解決できますが、旅館や友達の家ではどうしようもありません。

 

悩むよりも便利なアイテムを持ち歩きましょう。 サイズは小さいので鞄に入れていても、まったく荷物にはなりません。 インターネットで調べてみませんか。

 
トイレの暖房便座
トイレに暖房便座が付くようになってから、お年寄りのトイレでの事故が少なくなったと言われています。 確かに若い人でも真冬のトイレは体全体が寒さを感じています。 便座に座る時の衝撃は誰でも同じことでしょう。 お年寄りの場合はそれが直接心臓の衝撃となるのです。 トイレのリフォームの場合、暖房便座は常識となりました。

 

もちろん、温水洗浄も同時に取り付けられます。 トイレのリフォームの時に、電源コンセントを追加するためには電気配線も必要となります。 昔の家ではコンセントがなかったため、リフォーム時の費用がその分余計にかかります。 あなたは暖房便座を利用していますか。 暖房便座を利用する時の注意点を紹介しましょう。

 

暖房便座にカバーを付けるべきかと言う点ですが、電気代のことを考えるとカバーを付けた方がかなりの電気代節約となります。 約20%の節約になるとのデータがあります。 また、ふたを閉めることでも電気代を節約することができます。 10%以上の節約になります。 夏場は役に立ちませんが、冬場を快適に過ごすことができる暖房便座です。

 

現代では誰でもが必要としているアイテムです。 トイレを快適な場所にするために、経費を節約することはおすすめできません。 それはトイレの快適さが日常生活の質を高めてくれるからです。 トイレを利用しない人はいません。 それは年齢に関係ないのです。

 

健康管理のためにトイレの使用状況をチェックしている人もいます。 最新のトイレは排泄物から体の異常をチェックできる機能が付いているようです。

 
トイレと節水
最近のトイレの特長として節水タイプが増えてきたことが上げられます。 節水タイプと通常のトイレはどのように違うのでしょうか。 これからリフォームを考えている場合、節水トイレにすべきなのでしょうか。 これまでのトイレとは1990年代に販売されていたトイレのことですが、1回の洗浄で13〜20リットルの水を使用していました。

 

しかし、現代の節水トイレはわずか4リットルの水で済ませられるのです。 4人家族で計算すると年間でお風呂250杯分に相当する量の節水ができることになります。 もちろん、家族構成が変わればもっと差が付くことになるでしょう。 それでは4リットルの水だけで洗浄はできるのでしょうか。 洗浄の方法が変わったのです。

 

少ない水でどうすればきれいに洗浄できるかをメーカーが研究した結果が、その数字に表れています。 水を少なくして洗浄できなければ意味がありません。 洗浄する時に水が渦を作るようにします。 便器の構造を渦ができるようにするのです。 そうすると少ない水で洗浄力を高めることが可能になります。 すべてのメーカーが同じような仕組みを作っています。

 

リフォームをする時に便器のメーカーをどこにするか迷ってしまうかもしれません。 しかし、節水タイプのトイレならどこのメーカーも同レベルの性能があります。 後はデザインやその他の部分で差を付けているのです。 トイレ掃除が簡単になるような工夫もされています。 パナソニックの場合は掃除そのものをしなくて済むようになりました。

トイレのリフォームならトイレ空間アドバイザーにお任せください。

160414toiretto2


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.7.16

水回りリフォームで台所のリフォームをできるだけ安くすませる方法

台所リフォームのポイント 台所のリフォームと費用 家の中でもよく使う台所スペースは、主婦にとっては居心地のよい空間であって欲しいものです…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る