素敵にお部屋のインテリアをイメージする方法

素敵にお部屋のインテリアをイメージする方法

 

インテリアについて
リビングは家の中でも一番寛げる空間でなければなりません。そのためにはどのようなコーディネートをするかが重要になります。もちろん、家族構成によって雰囲気は大きく異なるでしょう。テレビを見たり、食後の読書をしたりする部屋と考えるべきです。これまでは洋風のリビングが主流だったのですが、インテリアは背が低いタイプが人気を集めています。つまり、和室をイメージしたインテリアを配置するのです。

 

それならば、いっそのことリビングを和室にすると言う考えもあります。テーブル生活の方が、膝を痛めなくてよいと言われているのですが、現実には多くの人が床の上に座りたいのです。この方が最終的には楽なのでしょう。カウチなどに寝そべるのは欧米の様式ですが、日本人なら畳に寝ころがるのです。
どちらがいいと言うことではありません。好みの問題だからです。

 

夫婦が新しい家を建てようとした時には、このリビングのインテリアをどのようにするかは意外と重要かもしれませんね。リビングのあり方が家族のつながりと密接に関係しているからです。生活の一部がリビングにあるのですから、そこに家族が集まるかどうかでコミュニケーションの取り方が変わるのです。
私たちの生活は家の中で過ごすことが多くなります。そのために、ゆったりとした気持ちになれる場所が必要なのです。それがリビングの定義かもしれません。そこにテレビがなければならないわけではありません。寛げればいいのです。

 

雑貨とインテリア
インテリアは大物家具がメインとなりますが、実際のリビングでは様々な雑貨が存在します。つまり、雑貨も含めてリビングを構成していると考えるべきでしょう。そのためにどのような雑貨を配置するかについても、検討が必要です。コーディネートとはすべてを考慮するところから始まります。リビングを考える時に、椅子に座るか床に座るかによって、必要となるインテリアは大きく異なります。

 

どちらがいいと言うことではなく、生活する人の好みの問題です。ローテーブルとラグ、リクライニング付の座椅子は和室に合いますし、フローリングでも問題ありません。そして、テーブルの横にはマガジンラックがあるでしょう。新聞を入れておくのです。リビングにはテレビがあります。そのリモコンをどこに置きますか。インテリアの実例などを見ていても、生活感があまりありませんね。それは、実際の雑貨が配置されていないからです。

 

家具の宣伝であればそれで十分なのですが、現実のイメージとは離れてしまいます。コーヒーを飲む時のことをイメージしてみましょう。トレイに乗せたコーヒーをテーブルに置く。手に取ってゆっくりと飲む。その姿勢はどうなっているでしょう。視線はどこに向かっているでしょうか。家族構成が違えば、リビングの役割も変わります。折り畳みのテーブルや椅子を使った方がいい場合もあるでしょう。スペースの問題があるからです。一度にたくさんのものを置くと、雑然としてしまいます。できるだけシンプルにしたいものです。

 

照明
リビングの照明
リビングルームの照明を考えてみましょう。インテリアにもこだわらなければなりませんが、それだけでは不十分です。夜にリビングで生活することが多いですから、照明はかなり重要と考えるべきなのです。もちろん、リビングをどのような雰囲気にするかによって、選ぶ照明は変わってきます。温かな雰囲気を作りたい時には白熱灯器具がいいようですね。

 

陰影をもたらすことで、くつろぎ感が出てくるのです。状況によってはブラケットやフロアスタンドを組み合わせるのもいいでしょう。調光機能を持っていますから、明るさを無段階に変えることができます。コンパクトですっきりしたデザインなら、蛍光灯シーリングです。均一でムラのない光が特徴です。デザインのバリエーションも幅広く、昼光色、電球色など、お部屋のイメージに合わせて選択しましょう。

 

カタログなどで昼光色と電球色の違いを見てみるといいでしょう。全く違う部屋のようですね。リビングで何をするかも大事です。ゆっくりとテレビを見たり、本を読んだりするでしょうか。ブラケットライトは壁面を明るく照らす照明です。狭いリビングでも広く感じられますから、不思議ですね。個性を出したいなら、アクセントのあるインテリアとしても利用できます。

 

ダウインライトは広範囲の部分を照らすための証明です。テーブルの上だけを明るくしたいなら、スタンドライトがいいです。もちろん、インテリアとしての利用も考えておかなければなりません。足元などをスポット的に照らす照明も欲しいですね。

 

インテリアグッズ
リビングにおしゃれ心を取り入れるには、インテリア小物がいいですね。いくつか紹介しましょう。夏になると虫よけが必要となりますが、蚊取り線香を立てるためのグッズはどうでしょうか。ブタの形はオーソドックスですが、馬の形もあります。背中の部分に蚊取り線香を差し込むのです。可愛いグッズですね。

 

それから、壁に貼り付けるタイプのウォールデコレーションもあります。蝶々や鳥を壁に貼り付けることで、リビングのアクセントとなります。どこの部屋でもカーテンは付き物です。カーテンホルダーにもこだわってみませんか。女性ならではの気配りと言えますね。価格は2千円程度ですから、試しに購入してみてはどうでしょう。

 

テレビ台などにオーナメントもいいですね。動物をかたどったオーナメントで子どもが喜ぶかもしれません。リビングは家族が寛ぐ空間ですが親しいお客を招く場所でもあります。周りの人が落ち着けるような色彩のグッズを探してみましょう。部屋の模様替えはてっとり早く、ウォールシールを張り付けましょう。
全面を使うのではなく、一部分でもアクセントとして有効ですよ。

 

壁に小物グッズを置くための棚を設けるのも面白いですね。ちょっとした飾りやおもちゃを配置しましょう。大物グッズとしては観葉植物ですね。こまめに水をやっておけば、それほど手間はかかりません。リビングのインテリアだけで部屋の雰囲気が決まるわけではありません。小物グッズも重要な役割を果たしているのですね。

 

アジアン
アジアンインテリア
アジアンインテリアに興味のある人はバリの家具はどうでしょうか。インターネットの通販サイトを覗いてみましょう。アジアンインテリアとして有名なのは、南の島のバリです。日本の植物と違いますから、亜熱帯特有の木材を使った家具が特徴的です。リビングに置くチェアなどに利用すると、雰囲気が変わっていい感じがします。おしゃれですよね。

 

バリのインテリアでは木製の抜き彫刻を施したランプがあります。ランプに照らされた彫刻が見事に浮き上がってきます。眺めているだけでも落ち着くことでしょう。彫刻には着色が施されていますから、明るい昼間でも雰囲気作りのアイテムとして欠かせなくなることでしょう。自宅のリビングに置くのもいいですが、お店に置けば、お客さんの注目を集めます。

 

バリの家具といっても、電気製品ですが品質は問題ありません。内部の電球を替えることによって、明るさは変えられます。価格は1万円弱ですから、気軽に購入できますね。それから、ダイナミックなロータスランプを紹介しましょう。天井に大きな花が開いたような強烈な印象のランプです。
木の皮を剥いだもので作られています。イメージとしては和紙を張ったような感じです。

 

光をやわらかく通してくれますから、リビングの雰囲気作りに役立ちます。ランプは1灯式と3灯式があります。部屋の明るさに合わせて選びましょう。
日本の家屋でもインテリアをアジア風にすると、まったく違った雰囲気を作り出すことができます。

 

流行のインテリア
インテリアにも流行があります。もちろん、インテリアは一時的なものではなく、長く使うものですから流行ばかりを気にする必要はありません。特にリビングはあなたにとって居心地のよい空間でなければなりません。リビングを流行に合わせて、変更することを考えてみましょう。気軽にできるのは、壁紙を張り替えることです。

 

全面を張り替えるのではなく、アクセントをつけたり、一部だけ変えるのです。それでもイメージが変わりますから、流行を取り入れやすくなります。
リビングの壁紙と床の色の組み合わせによって、様々な雰囲気を出すことができます。床の色と壁の色がリビングの雰囲気を作るといっても過言ではありません。

 

新築でも引っ越しでも、インテリアコーディネートにこだわっているのなら、色を押さえておくことが大切です。インターネットで調べてみると、壁と床の色を変えてみた写真などがあります。ウォールナット、オーク、チェリーの3色を使うだけでも、雰囲気を変えることができます。その時代での流行色というものがありますが、そればかりを使うのはどうかと思います。また、住む人の年代によっても好みの色は異なります。

 

落ち着いた雰囲気にしたいのか、おしゃれな感じにしたいのかで選ぶ色は変わります。もちろん、壁紙ですからモノトーンではなく、柄も大切です。
家具の色と、壁、床の色を調和させることが大切です。ただ、温かみのあるリビングを考えておかなければなりません。それはどのような年代でも当てはまることですね。

 

女のコと犬
一人暮らしのインテリア
一人暮らしの人の場合は、部屋数が少ないですから、リビングが寝室と一緒になっていることも多いでしょう。コーディネートすることによって、いろいろな雰囲気を楽しむことができますね。自分だけのリビングですから、自分が一番寛げるインテリアを揃えましょう。シンプルがいいと思う人には、白いインテリア家具のチェスト、マガジンラック、テレビ台を揃えましょう。

 

そして、シンプルなカーテン、ソファがあればそれで十分ですね。一人暮らしにはリーズナブルな価格が大切です。高価なインテリアではなく、シンプルで使い勝手の良いものを選びたいですね。いいソファが見つからないと思っている人には、ふんわりソファですね。座り心地も大切です。寝転がったり、座ったりして感触を確かめてください。

 

このようなインテリアはどうしても通販サイトよりも店頭で選ぶことが大事です。やはり、触ってみないとわからないことが多いのです。リビングのソファは心地よいと、そのまま眠りに誘われてしまいます。でも、一人暮らしですから、それでいいのです。気兼ねなく寛ぎましょう。ウレタンチップをたっぷりと使って、ボリューム感を出したソファが大事です。快適なロースタイル生活の基本です。

 

それにリクライニングが付いていると言うことなしです。最近のソファは輸入品が多いのですが、製造工程は国内でやるメーカーもあります。それだけ、品質を重視していると言うことでしょうか。このようなソファでも2万円程度です。十分購入できますね。

 

子ども部屋とリビング
子どもが小さい時には親と一緒にいる時間が長いのですから、子ども部屋を設ける必要はありません。リビングで勉強をする子どもを見ることで、親としても安心できるのです。リビングと勉強部屋のどちらで勉強するのがいいのでしょうか。こんなことを考えている親が多いのだそうです。

 

リビングのインテリアを考える時も、勉強することを前提としたレイアウトを考える場合が多いようです。本を読んだりするためには、ある程度の明るさが必要です。もちろん、テレビを見る時も暗いところはお勧めできませんよね。リビングのインテリアは落ち着いた雰囲気にする場合が多いのは、寛げる空間を作るためです。寛げるということは、勉強もやりやすいということです。

 

また、子どもの勉強のサポートを親がやりやすいという点も見逃せません。将来、勉強で成績が伸びる子どもは親のサポートがしっかりしているからだと言います。勉強をするためのいい環境ができているのですね。結論から言えば、勉強する場所はどこでも同じです。やり方が大事なのです。

 

一般的な家庭ではリビングにはテレビがあります。勉強を妨げる誘惑がたくさんあることになります。あなたの家庭のリビングはどうでしょうか。リビングを子ども部屋と対比して考えてみると、いろいろなことがわかってきますね。人の生活は部屋の作りによって変わってくるのです。それは家が変わらなくても、家族構成が変わることで同じように変化していきます。その時のリビングのあり方を考えてください。

 

家族のリビング
センターリビングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。つまり、リビングがその家の中心にあると言うことです。物理的に中央にあると言うことでもありますが、どこからでもリビングに容易に移動できることがキーポイントとなります。インテリアによってリビングの雰囲気作りを考えることも大切です。しかし、まずは家族が集う場所を確保することが大事なのです。

 

もちろん、リビングの広さなどが、家全体の間取りに影響します。インテリア家具をどう配置するかも考えておかなければならないのですね。玄関から2階への階段を上るためにはリビングを通るという考えは、家族のコミュニケーションを第一に考えることになります。移動だけであれば、玄関の横に階段があればいいからです。

 

現代は家族のきずなが弱くなっていると言われています。それはコミュニケーション不足が一因と考えられます。コミュニケーションを取るためには、同じ部屋にいなければ始まらないのです。家族が朝のあいさつをするためには顔を合わせなければなりません。

 

顔を合わせずに外に出られる間取りは家族にとって良いことではないのですね。このような家で小さい時から育った子どもは、自然と家族との会話を交わすようになります。もちろん、必要以上のことはないでしょうが、それだけでもコミュニケーションは成立しているのです。家の機能を重要視しながらも、そこに住む家族のことを考えることが家作りとして一番重要なのですね。

 

リビング収納
リビングの役割は家の中で一番大切です。家族の寛ぎの部屋ですが、お客様を招くための部屋でもあるからです。リビングの雰囲気を大切にするために、インテリアにこだわる人は多いのです。しかし、生活していると雑多なものが増えてきます。そこでリビング収納が注目されているのですね。収納のためのインテリアを新たに購入することは、リビングの雰囲気を壊すことになります。

 

そこでどのような収納を考えればよいかを見てみましょう。まず、リビングにどのようなものがどれだけあるのかを知ることから始めましょう。収納スペースには限りがあります。あなたが悩んでいるということは、スペースに対して物が多すぎるということです。別の収納スペースを考えるか、物を減らすしかありません。

 

一般に収納上手な人は物を捨てることが上手な人です。物を捨てずにいたら、誰でも収納ができなくなってしまうのです。それから、お客様を通すための部屋としての注意点です。第一印象が大切なことは誰でもわかっているでしょう。リビングも同じです。その部屋で一番目立つところをすっきりさせることです。すべての収納を完璧することは容易ではありません。

 

そこで一か所だけを重点的に片付けるのです。これで印象が大きく変わるはずです。それから、見た目をすっきりさせるためには、棚などに物を押し込まないことです。すき間があると、なんとなくすっきりするのです。すき間を作れば、それだけ収納量は減ってしまいます。しかし、リビングは収納場所ではないことを再認識しましょう。

 

リビングインテリア
家を新築したり、リフォームしたりする時に、どの部分を重要視するのでしょうか。生活の場として一番重要なのはリビングではないかと思います。もちろん、家族構成によって間取りなども変わってきますが、将来に渡って毎日使う部屋がリビングなのです。部屋のイメージは内部に施すインテリアによって大きく変わります。

 

たとえ、リフォームをしなくてもインテリアを変えれば、ガラッと部屋のイメージが変わります。自分の生活習慣に合わせてインテリアを選ぶことも大切ですね。家族のきずなが大切に考えられている現代においては、リビングの重要性を感じている人が多くなっているのです。もちろん、食卓で多くの時間を過ごす家庭もあるでしょうが、それはキッチンがリビングの役割を果たしていることになるのです。

 

部屋が狭いかは関係ありません。リビングのコーディネート例を見ていると、いろいろなパターンがあることに驚かされます。新しくインテリアを購入するのではなく、移動させたり、組み合わせたりすることで、新しい部屋に生まれ変わります。家族が長い時間を過ごすところがリビングだと言う考えは重要です。
家の中でリビングが中心となっているのです。

 

木目をベースとした、温かみのあるインテリアを配置することで居心地がよくなるかもしれませんね。女性の一人暮らしなら、おしゃれでかわいらしいリビングがいいでしょう。個性豊かなリビングを考えてみませんか。狭い部屋をうまくコーディネートするためにはインテリアの配置が一番重要だそうです。

 

テレビ
インテリアの価格
リビングは家族が集う空間ですから、インテリアもいいものを置きたいと思いますよね。価格は大きさや役割によってかなり変わりますが、テレビ台の価格をいくつか紹介しましょう。幾何学的な構造を持った、薄型テレビ用ボードは組み立て式ですから、割りとリーズナブルです。テレビ台は一度据え付けたら、ほとんど動かしません。そのため、組み立て式であっても価格の割には長持ちするインテリアです。

 

長く使えるように飽くことのないシンプルなデザインがいいですね。DVDプレーヤーなどが3台分置ける大型タイプと2台分の中型タイプが用意されています。自分のリビングにマッチしたものを選びましょう。それから、ホームシアターのように見えるテレビ台はどうでしょうか。目に優しいシージングライト効果を持たせています。大きな棚の中にテレビをはめ込むような形になります。

 

最近のテレビは大画面になりましたから、このようなタイプのテレビ台も人気があるようです。テレビ台はインテリアのデザインも大切ですが、テレビが見やすいことが大切です。そのための照明があるのはいいですね。テレビのサイズに合わせたものを購入しましょう。かなり高いのでは?と思うかもしれませんが、インテリアとして申し分ないものです。

 

もちろん、サイズによって価格は変わってきます。小さなものはもっと安い価格設定となっています。色もホワイトや木目調、ダークブラウンなど、リビングの雰囲気に合わせてチョイスしましょう。

 

インテリアデザイン
インテリアデザインを職業にしようと考えている人は、その基礎的なことから学ばなければなりません。デザイン関係の学校に行くことも必要でしょう。リビングのデザインの場合、様々な要素を加味しなければなりません。それはリビングの使用用途が多岐に渡っているからです。リビングのインテリアデザインとして家具の選び方を考えてみましょう。

 

リビングに限らない基本的なことですが、家具を配置する時には、ドアなどの開口部の位置を考慮しなければなりません。ドアを開けた時に家具とドアがぶつかることがないか確認しておくことです。採光や通風もチェックしておきましょう。リビングは家族が寛ぐための空間です。必要となる家具も多くなる傾向にあります。

 

また、人の移動が激しい場所でもありますから、人の動きも考えておかなければなりませんね。スペースが十分にあればいいのですが、そのようなリビングばかりとは限りません。日本家屋でもリビングにはソファを置くことが一般的になりました。ソファはデザインよりも機能性を重視する方がよいでしょう。
ソファとテーブルとの間隔も重要ですね。

 

立ったり座ったりがスムーズにできなければなりません。ソファにはL字型、対面型などがあります。部屋に合わせた配置を考えましょう。無駄なスペースを作らず、有効活用するためにL字型が好まれるようですね。人が座った時に会話が弾むように斜め方向に座るのもいいですね。お客様を迎えることを考えれば対面式となります。

 

北欧のインテリア
インテリアとして特徴的なのは北欧です。国内でも北欧インテリアをメインで取り扱っている家具屋さんがたくさんあります。それだけ人気が高いと言うことでしょう。北欧インテリアの魅力はどこにあるのでしょうか。北欧インテリアを活用するのは、一般家庭のリビングではなくどちらかと言うとショールームやホテルのフロントなどが多いようです。

 

ヨーロッパ圏ですから、床の上に直接座る習慣がある日本人とは生活の仕方が異なっているのです。つまり、靴を履いたまま座る形の椅子やテーブルが中心となります。明るい青緑の壁と濃い青緑の同系色のチェアが落ち着いた雰囲気を作ります。そしてテーブルはナチュラルな木目調です。落ち着きを与えてくれます。

 

どちらかと言えば、冷たい色ばかりですが、不思議と北欧特有のやすらぎが出ているのです。チェアの丸みがリビングの雰囲気を作り出しているのでしょう。もう一つはブラウンのソファを据えたリビングです。モコモコとしたソファとカーペットが温かみを与えてくれます。テーブルとソファの高さが重要です。日本の場合はソファとローテーブルの組み合わせが多いのですが、北欧インテリアでは高めのテーブルを配置することもよくあるようです。

 

実際の作業を考えた場合には高いテーブルの方がいいでしょう。コミュニケーションを取るためのスペースですから、会話が進みやすくすることもインテリアの役割なのです。北欧インテリアをそのまま日本に持ち込んでもイメージが違い過ぎるかもしれません。しかし、そのデザイン性の良さをまねることはできると思います。

 

インテリアとダイニング
日本の家屋の場合はリビングとダイニングが同じ部屋になっていることもあります。そのような場合の間仕切りについて考えてみましょう。実際のリビングでは同じテーブルになっていることもあるかもしれませんね。間仕切りが必要ではない家庭も多いのです。しかし、ダイニングとリビングに間仕切りをすることによって、リビングが寛ぎの空間であることを意識するようになります。

 

もちろん、圧迫感をもたらすようなインテリアはいただけません。しかし、落ち着きを与えてくれるインテリアなら利用価値はあると思います。台所があり、ダイニングテーブルがあり、リビングテーブルが一列に並んでいる部屋をイメージしてください。部屋としては壁のない一つの部屋です。マンションなどの間取りでは珍しい配置ではありません。

 

家具で間仕切りをする方法を考えましょう。リビングに置いたソファを間仕切りとするのです。ダイニングに対して背を向けたソファを置けば、それだけで間仕切りとして有効です。つまり、そこに座った人はダイニングの人とコミュニケーションを取らないと言う意思表示となるからです。このことは家具の配置が人の会話を作ることを意味しています。非常に興味深いですね。

 

それから、オープンラックを間仕切りとする方法もあります。本や家電などの雑貨を収納するスペースとしても活用できますね。背の低いパーティションを配置することもいいでしょう。その日の気分に合わせて取り払うことができるからです。いろいろな間仕切りを考えてみましょう。

 

カントリー
外国のリビング
外国のリビングルームを見てみましょう。日本とか根本的に異なっているのですが、インテリアデザインの点からは参考になることも多いのです。雑誌のカタログなどを見ていると、いろいろなリビングが出てきますね。インテリアの基本は色です。どのような配色にするかによって、リビングの雰囲気が変わってくるからです。

 

もちろん、外国で人気のある色柄であっても、日本人には合わないケースも多いでしょう。フロアに敷かれたカラフルなラグは活動的な女性のイメージですね。そして、そのラグに合わせたようなピンクのソファです。白い壁やフロアのベースカラーが、これらのインテリアを引き立ててくれます。黒と白のモノトーン系はシンプルで落ち着いた雰囲気を作り出します。

 

黒をポップアップすることによってアートにこだわりを持たせることできます。ウォームグレーからつながるパープルのカーテンは、モノトーンでありながら洗練された落ち着きがあります。写真を見れば一目瞭然でしょうが、リビングの雰囲気を言葉で伝えるのは難しいですね。リビングは寛ぎの空間ですが、お客様を通すことも考えておかなければなりません。

 

ちょっと雰囲気を変えれば、ホテルのロビーになると素晴らしいリビングですね。外国のメーカーとしてIKEAを知っている人もいることでしょう。日本にも上陸していますから、デザインの良さに驚いたことでしょう。現代の日本の家屋は洋風色が強くなりました。外国のリビングと言ってもいいくらいなのです。

 

インテリアショップ
インテリアショップはたくさんあります。インターネット通販サイトも数が多くて、どこを選べばよいのか悩んでしまいますね。リビングに必要なインテリアを選ぶための、豆知識を紹介しているサイトはたくさんあります。少し紹介しましょう。一生付き合うことになるのはソファでしょうか。いいものを長く使いたいものですね。じっくり選ぶことが大切です。

 

まずはサイズです。リビングの大きさに合わせたものが大事です。スペースとのバランスをよくするためには、部屋を正確に測ることから始めましょう。形は、どのような使い方をするかによって異なります。デザインだけではないのです。一人で寝転ぶためには、頭の部分が高くないソファがいいでしょう。
材質も重要です。

 

レザー、ファブリックによって、座り心地が違います。最終的には展示場などで実際に座ってみることをお勧めします。ラグはお部屋に合ったものを選ばなければなりません。ラグの見た目だけで判断してしまうことが多いのです。部屋にマッチしているかが大事ですね。まず、ラグの役割を考えることです。リビングとダイニングでは必要な家具が異なります。

 

同じようにラグも違うのです。サイズや材質を役割に合わせて変えなければなりません。ソファやテーブルの配置とラグのサイズを考えてください。
インテリアの世界ではリビングではなくダイニングにラグを敷くべきだと考えているデザイナーも多いです。チェアを引いた時の音を抑えることと、床のキズを最小限にするためです。

 

インテリアのカタログ
現代はカタログ通販でどんなものでも購入できます。リビングのインテリアも例外ではありません。インターネットにはインテリアメーカーのオンラインカタログがあります。これを見れば、すべての商品がわかるのです。もちろん、近くにインテリアショップがない場合や、家族でいろいろと検討してみたい時にはカタログは便利です。

 

しかし、最終的に注文するまでに、実物かそれに近いものを見ておくことが大切です。ソファな座り心地や肌触りが重要ですし、色のバランスは見てみないとわからないことも多いのです。リビングに置く家具は大物が多いですから、一度購入したら十年以上は使用することになります。簡単に決めないでほしいのです。じっくりと検討してみましょう。

 

部屋の広さとインテリアの寸法を確認してください。テーブルの高さは感覚的なものとかなり違うはずです。いろいろな家具を見てみましょう。外国メーカーのインテリアや輸入品の場合はカタログだけが頼りです。特にデザインや柄は写真だけではわからないことでしょう。最近は輸入雑貨を取り扱っているショップも増えて来ましたから、チャンスがあればそれらのショップを覗いてみましょう。

 

あなたがリビングに求めるものは何でしょうか。やすらぎですか。家族の団欒ですか。ぞれぞれの目的に合ったインテリアを探してください。床や壁の色とテーブル、ソファのバランスを考えましょう。リクライニングタイプのソファは耐久性を確認しておかなければなりません。すぐに壊れてしまうこともあるからです。

 

ココナッツチェア
おしゃれなインテリア
インテリアの中でもおしゃれなインテリアと表現されるものはどのようなものでしょうか。リビングで使用する家具はお客様をもてなすこともありますから、おしゃれなものを選びたいと思う若い人たちも多いでしょう。おしゃれなインテリアショップであるモダン・ユニティーの商品を見てみましょう。ジョージネルソンはニューヨークのブランドです。モダンなデスクロックが有名ですね。

リビングに置くのはココナッツチェアです。その名の通りココナッツをモチーフにした面白い形状ですね。ココナッツチェアはジョージネルソンの名作と言われているのです。確かにおしゃれなチェアです。ただ、一般の人のリビングには斬新すぎるかもしれませんね。ロンドンにはロン・アラッドのブランドがあります。多くの賞を取ったビクトリアソファが有名です。2000年の作品ですね。

 

革新的なデザインでありながら、ボリューム感を持たせたところが評価されているのです。現代でも十分通用するデザインですね。モダン・ユニティーは家具だけではなく、チェアもたくさん取り揃えています。また、デザイナーズブランドや照明、時計、雑貨を取り扱っています。リビングに必要なものはすべて揃えられるのです。

 

おしゃれなリビングを実現することができますね。もちろん、あまりアート性が高いと、寛ぎの空間と言う重要な役割から遠ざかってしまいます。自分が一番落ち着けるインテリアが大事ですね。しかし、一つぐらいはいいものを持っていたいと考える人も多いのです。

 

女性のリビング
女性の暮らし方を調べている機関はいくつもあります。現代の女性がどのようなことを考え、どのような暮らしに興味があるのかを知る手掛かりとなります。
企業のマーケティング戦略を考える上でも有効な情報源となっているのです。そのような情報の中で、インテリアとしてのリビングを女性はどのように考えているのかを見てみましょう。

 

自分の老後、つまりセカンドライフとリビングのことです。リビングは家族構成の移り変わりとともに、その役割が変わってきます。大勢の家族の場合は、広いテーブルと、たくさんのソファが必要でしょう。そして、老後には夫婦二人分のスペースがあればいいのです。もちろん、時にはお客様が登場することでしょう。その時々に合わせて、リビングの雰囲気を変えてきたのではないでしょうか。

 

半永久的に使用できるインテリアはありません。特に日本の家屋では木製の家具が多いですから、いずれは買い替える必要に迫られるのです。一般に男性はリビングのデザインなどには女性ほどこだわりは持ちません。女性が一生懸命コーディネートを考えていたとしても、男性はほとんど関心を持たないのです。円満な夫婦であれば、お互いの意見を出し合って、より良い空間を作ることができるでしょう。

 

リビングで一人過ごすわけではないのです。現代の夫婦は自分の楽しみのための出費は惜しまないのだそうです。リビングで寛ぐ時間よりももっと活動的なことに目を向けたいのでしょうか。それは決して悪いことではありませんね。

 

インテリアの口コミ
家具やインテリアを購入する時には口コミサイトを参考にするとよいでしょう。自分だけの部屋ならば好みでいいのですが、リビングのインテリアは家族など一緒に住んでいる人の意見を聞かなければなりませんね。口コミサイトで人気があるからと言って、家族が賛成するかどうかわかりません。一般にランキングはあまりあてにしない方がいいでしょう。

 

リビングは家族団欒の場所です。インテリアによって雰囲気が大きく変わるのですから、家具選びは非常に重要と言えます。日常生活のどれくらいをリビングで過ごしているのでしょうか。口コミサイトで人気のあるのは無印良品やベルメゾンネット、プラスマイナスゼロ、ディノスなどです。これらのメーカーはインテリアだけではなく、生活全般のグッズを取り扱っていますよね。

 

リビングをどのような雰囲気にしたいかによって、インテリアの選択が変わります。ただ、共通して言えるのはシンプルだと言うことです。リビングは落ち着いた雰囲気が大切です。そのために、派手なデザインよりもシンプルなものが好まれる傾向にあるのです。あなたはリビングのインテリアをどのように考えていますか。

 

これまで自分が育ってきた家のリビングを思い浮かべてみましょう。家族の団欒スペースがどのようなインテリアに囲まれていたでしょうか。多くの人が言えに求めているのはやすらぎです。外では仕事などでストレスが溜まるのですから、家ではのんびりとしたいものですよね。

 

カントリーインテリア
西部劇をイメージするようなカントリー調のインテリアに興味はありませんか。カントリーインテリアを専門に取り扱っているショップもありますね。若い時ならばリビングを自分のお城のように趣味でいっぱいにしてみませんか。カントリーインテリアとしては、大きなソファやテーブル類よりも、雑貨や小物が多くなります。カントリー調の棚受けを使って、リビングに棚を設けると、雰囲気がかなり変わります。そこだけがレトロ調になるのです。

 

もちろん、カントリーと言っても幅広いジャンルです。ただ、一見してカントリーだとわかるのですね。自然の木目を生かしたテーブルやチェアは特徴的です。座り心地もあたたかいものがありますね。現代のカントリーインテリアは工場で生産されたものですから、見かけよりもずっと丈夫にできています。使い心地を重視しているにもかかわらず、リーズナブルな価格で提供されるカントリーインテリアを探してみましょう。

 

カントリー調のチェストもいいですね。落ち着いた雰囲気を醸し出します。テレビボードもいいですね。無機質なデザインより、リビングには適しているかもしれません。小物を並べるためのジャンクションケースもあります。壁の色とマッチした家具を選ぶことが大切です。カントリーインテリアは木目を基本としていますが、ホワイトなどの塗装を施したものもあります。チェアは一人用、二人用とサイズを選びましょう。子ども用のチェアもお勧めです。

 

インテリアコーディネート
一人暮らしのためのインテリアコーディネートはインターネットにたくさんあります。自分の部屋をどのようにまとめたらいいのかわからないのなら、一度アクセスしてみることですね。リビングのコーディネートはコンセプトが大事です。それから、自分が住むための部屋ですから、一番寛ぎやすいことを考えなければなりません。

 

もっとも、自分らしさをアピールするためのコーディネートもいいかもしれません。インテリアをどのように揃えるかを考えてみましょう。インターネットで見るのは、メーカーのショールームのような感じですよね。本当の自分の気持ちを考えてみましょう。リビングは毎日の生活の中で一番多くの時間を過ごす部屋です。

 

もちろん、一人暮らしの場合は、リビングがそのまま自分の部屋と言うパターンが多いですから、特別に考える必要はありません。少し見本を見てみましょう。テレビやソファ、ベッドを置いても、広く感じる6畳のリビングはどうでしょうか。広く見えるのは奥行きをうまく使っているからです。高さが高いものを手前に置き、低いものを奥に配置することによって、広さを感じるのです。

 

視点を低くすると圧迫感がなくなるのです。インテリアを揃える時のポイントですね。リビングでも友達を呼んでワイワイできますね。シンプルなリビングにするなら、こぢんまりとまとまる、ラックやテレビ台です。色でアクセントをつければ、シンプルな中にも自分らしさをアピールできます。

 

インテリア家具の通販
インテリア家具を購入するならば、通販サイトが一番お手軽です。ネットで品定めをすればいいだけです。もちろん、自分のリビングにマッチしたものを購入することが大切です。インテリアで注意しなければならないのはリビングに置いた時の全体の調和です。安い家具だけで揃えると、全体がバラバラになってしまうこともあります。

 

それぞれを配置した時のイメージを考えてください。パソコンなどでコーディネートのイメージ図を作ってみるのもいいですね。実際には通販サイトで売れ筋を購入することになりますが、寸法だけは間違わないようにしなければなりません。置けると思って購入しても、意外と大きくて入らなかったと言うことのないようにしましょう。

 

リビングに必要なのはソファとテレビでしょうか。ソファに寝そべって、テレビを見る時間はまさしく自分の時間ですね。家族構成によって、リビングでの過ごし方は変わってきます。家族に合わせてインテリアが大事です。通販サイトでは、セットで購入すると割引が利くケースもあります。色や模様を揃えると落ち着いた雰囲気になります。

 

また、それぞれの高さも大事です。シンプルなものを並べて、それでもアクセントをつけると、いい感じのリビングになることでしょう。テレビを主体とするか、読書を主体とするかによって、物の配置が変わります。生活のパターンを考えてみることですね。コーディネートされた家具を一括で揃えるとコンセプトがはっきりしますね。

 

和室とインテリア
日本人ならやはり和室でしょうか。リビングでテーブルとソファと言う組み合わせもいいのですが、畳と座椅子のパターンも捨てがたいものがあります。インテリアをどのように揃えるかが重要になります。若い人なら洋風と考えがちですが、意外と若い人の方が和室を好んでいるそうです。リビングのインテリアコーディネートでも和室を題材にしたものがたくさんあります。

 

お年寄りの場合は畳に座ると言う動作が非常に苦痛になってきます。膝に負担のかからないソファの方が好まれるのです。つまり、リビングの家具を考える時には、そこに暮らす人のことを考えなければならないのです。3世代が暮らしているリビングは、ソファを中心とします。それは和室であっても、同じことです。だた、足の裏に畳の温かさを感じることが重要ですね。

 

リビングではなく、寝室の場合を考えてみましょう。和室にベッドを配置することもよくあります。もちろん、ベッドの重みで畳が傷まないように工夫しておかなければなりません。ベッドの色合いに合わせたラグを強いておくとよいでしょう。ベッドのイメージも大事です。年齢によって、色合いを変えればいいのです。難しくはありません。

 

和室の生地を活かしたコーディネートが大切です。そして、そこで生活する人が寛げるような空間を作りましょう。広さも大切ですね。和室にベッドを置いたら身動きが取れないスペースでは、ちょっと圧迫感を感じてしまいます。和室にベッド、その他はあまり置かないようにするとすっきりします。

 

姫部屋
姫系インテリア
姫系インテリアはいかにも女性の部屋と言った感じです。お姫様のようなインテリアが好みなら、インターネットの通販サイトで探してみましょう。姫系インテリアが勢ぞろいです。リビングにお似合いのインテリアを紹介しましょう。ピンクのリボンソファーです。リボンをかたどった床置きのソファです。ボリュームが魅力的ですから、姫でなくても手放せなくなります。リビングでのんびりとするには最適なインテリアと言えるでしょう。

 

可愛いだけではありません。ふかふかの素材で、座り心地も抜群です。二人だけの世界に入っていけますね。6段階のリクライニングもついている優れものです。リビングに必要なのはテレビ台ですね。もちろん、見た目は可愛くても、どっしりとしています。リビングのインテリアとして、あなたのセンスをアピールしたいものですね。

 

彼をリビングに上げるなら、しっかりとコーディネートしましょう。天然木のコーナーテレビ台はどうでしょうか。お城のようなデザインがいいですね。価格は2万円ぐらいからあります。組み合わせることによって、どんなサイズにもなります。木目のお城もちょっと変わっていいですよ。

 

姫系のインテリアと言えば、ピンクが主流と思われがちですが、シンプルな中に可愛さを包み込んだインテリアも注目を集めそうですね。それから、リビングには炬燵でしょうか。可愛いイチゴ柄の炬燵が、お部屋の主役になりますよ。デザインはシンプルでも、お部屋がキュートになります。

 

ラグインテリア
ラグとは部屋の中に敷く敷物全般を指しています。インテリアの一部としてラグを考えることが大切です。一口にラグと言っても、素材も肌触りも模様も様々なものがあります。部屋に合わせることが大切なのです。ラグにはその部屋に最適な機能や素材がありますから、それを見極めなければなりません。
まず、ラグの役割を考えてみましょう。

 

リビングとダイニングではそこに求められるインテリアが異なってきます。つまり、ラグも変わってくると考えるべきです。もちろん、広さやそこで生活する人の人数にも合わせなければなりません。適当なサイズではなく、マッチしたサイズも大事ですね。リビングで生活する時の様式に合わせて素材を選びます。床に座ることを前提とするか、ソファなどに座るかと言うことです。

 

これによりラグの素材は大きく変わります。ダイニングではチェアを移動させる時の音が重要となります。もちろん、床を傷つけないための保護材としての役割も求められます。椅子を使わない時にはこれらのことをあまり意識する必要はありませんね。ラグの素材としては、綿、ポリエステル、ウール、アクリル、シルク、ナイロン、麻などたくさんの種類があります。

 

価格も当然異なってきますので、予算に合わせたラグ選びも必要です。また、同じ素材を使ったとしても、テクスチャーで肌触りなどが変わります。平織は強度がメリットですから、家具の下に敷く保護材としての役割があります。
ループは円を描くようにしたデザインですね。

 

カフェ
リビングインテリアの実例
リビングのインテリアを考える時に、どうしてもイメージがわかないと思う人は多いでしょう。そこでインターネットでリビングの実例を見てみましょう。実際の部屋を見ると、いろいろと気づかされることがあります。部屋の広さに合わせて家具を選ぶとか、素材を考えるなど、自分のこだわりを持っている人が多いのですね。

 

さて、実例をピックアップしましょう。リビングは寛ぎのカフェをイメージしたお部屋です。カフェですから、テーブルとチェアが重要ですね。シックな木目調が雰囲気を出してくれます。もちろん、自分がイメージするカフェでいいのです。また、インテリアとしての照明も大事ですね。部屋の広さに合わせて、小さなカフェ空間を作り出しています。

 

リビングの壁を飾るのにファブリックボードを考える人もいるでしょうが、意外と高価です。手作りのファブリックボードもいいですね。木枠に布を張り付けるだけでできますから挑戦してみませんか。パソコンをリビングに置くスペースも大事ですね。コザコザしたものは収納ボックスと眼隠しで、すっきりとしましょう。

 

ちょっとした飾り付けが部屋の雰囲気を大きく変えてくれます。自分の部屋ですから、お気に入りを並べておくことも大切ですね。リビングの実例を見ることで、非常に参考になるのですが、それはあくまでも参考に過ぎません。自分の部屋は自分の感性で作り上げればいいのです。もちろん、家族構成によって雰囲気は大きく異なります。
お部屋のインテリアについては、これといった正解はありません。ご自身の生活スタイルにあわせて年々変化していくことでしょう。さまざまな情報がインターネットなどでも見ることができますし、それなりの書籍もたくさん出ています。どんなふうにしたいのか。予算はどのくらいなのか。悩むまえにいろいろ調べて参考にしましょう。弊社でもインテリアについてのご相談を無料で承っています。お気軽にお声掛け下さいね。

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

お電話もお気軽にどうぞ。
TEL 025-261-6010 FAX 025-261-6010

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.3.31

素敵にお部屋のインテリアをイメージする方法

素敵にお部屋のインテリアをイメージする方法 インテリアについて リビングは家の中でも一番寛げる空間でなければなり…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る