新潟での外壁塗装の注意点

新潟での外壁塗装の注意点

 

外壁や屋根、水廻りのリフォームはお家の寿命に係わる部分で定期的にやらなくてはいけないリフォームです。一方で、増改築や内装のリフォームなどは使い勝手や見た目に係わるものもあります。同じリフォームでも優先順位が変わってくると思います。長く住んでいると色々と手を入れたい部分が出て来ますが一度に全部やる事はなくまずはお家の寿命の係わる部分を優先的に考えましょう。

 

外壁が汚れていたら防水性が損なわれ、お家の寿命に係わる事なので早めのお手入れが不可欠ですが、壁紙が汚れてきてもお家の寿命に影響は与えないのであわててする必要性はないと思います。大切なマイホームに長く快適にお住まいになるためにリフォームは欠かせませんが優先順位を良くご検討されてからリフォームする事をお勧めします。

 

新潟市は海や川に囲まれているので潮風で車は錆びやすいですし。住宅の外壁も痛みがくる時期が他の地方よりも早いかもしれません。新潟市西区に限らず新潟市は海にずっと沿っているので外壁や屋根の定期点検は少なくとも2~4年ごとに行うのが理想的です。定期点検ですから目視でご自身でするのもいいですし、業者さんに頼んでもいいでしょう。この場合、なにも異常がなければ料金がかからないこともあります。

 

では、ご自身で判断するにはどうすればいいでしょうか?壁を触ったら手の平に白い粉が付いてしまった経験はありませんか? この壁を触った時に手の平に白い粉が付いてしまう現象。これをチョーキング現象と言います。チョーキング現象のチョーキングは白いチョークを思い出すと覚えやすいと思います。外壁塗装の交換時期は一見分かりにくいですが、このチョーキング現象は触るだけで分かりますから、この現象を外壁塗装の修繕の目安に設定すると良いでしょう。

 

チョーキング現象を見つけるためには、壁のどこでもいいので手の平で軽く擦ってみましょう。通常の外壁であれば、多少埃っぽい色が付く程度ですが、チョーク現象が起こっている場合は手の平に白いチョークを擦ったような汚れが付きます。チョーク現象を放置しておくと外壁にヒビが入ったり、カビが生えたりと多くトラブルが起こってしまいます。 そうすると外壁塗装料金が上がるだけでなく、期間も延びますし、 場合によっては大きな工事が必要になってしまいます。 ですから、定期的にチョーキング現象を調べ、異常が表れた時には速やかに業者にお願いしましょう。

 

外壁は15年~20年で全面補修を検討するのがふつうですが、新潟市のような場所だとそれより少し早めがいいでしょう。そのときに必要になる情報がいくつかあります。住宅を建てて引き渡しをされたときに きちんと書類を受け取って、保管していますか?住まいの仕様がどうなっているのか?これがわからないと メンテナンスやリフォームの際に大きな手間とコストが かかります。

 

外壁の下地がどうなっているのかわからないと、傷んだところだけを補修しても、あとからシミがでてきたり、たとえ張り替えるにしても下地が傷んでいると、外壁だけの見積では賄えないこともでてくるからです。確認申請書や床・壁・天井・外壁などの仕様書などは(クロスなどの仕上げ材の品番など書いてある書類)このような書類は工事を依頼したら必ず受け取って大切に保管しておくとよいでしょう。

 

中古物件などで紛失されている場合は作成してもらってください。これらは大切な書類なので住んでいる方自身がきちんと保管する必要があります。また、外壁をリフォームする場合には足場を組んで 作業する必要があることから、別途に足場費用がかかります。ですので、経年劣化で屋根もそろそろ修理しなければならない場合は、外壁と同じ時期に補修することをオススメします。これは足場費用が二重にかからないようにするためです。

 

とくに2階建ての住宅はどうしても足場は必要になります。外壁を補修して、また翌年に屋根を補修というと再度、足場を組立なければなりません。お金も二重にかかりますね。もし、屋根のメンテナンス時期が近いようであれば、外壁と一緒にリフォームすることで外壁足場の費用を節約することができますのでお勧めします。時期などについては業者に確認してみましょう。

 

次に外壁補修の方法ですが方法はいくつかあります。現在のモルタルをすべてはがしサイディングという 板状のパネルを張る方式。理由の一つは、モルタル壁に比べメンテナンス性や美観が優れている点です。建物にとって、水分の浸透は禁物です。新しいモルタルを一部だけ使うと新旧のモルタルの接着部分などで細かい隙間などが生じやすいです。また、部分的な塗装だと美観もあまり良くないですね。新潟市西区はこれが結構多いかもしれません。

 

もう一つは、モルタル壁による改修・塗装です。最大の理由が費用の安さです。 外壁全体をサイディングに替えると、古いモルタルの解体処分費がかかります。前述の見積では、解体処分費が10倍以上かかります。モルタルでは塗料やコーキング材などの性能が向上している点も見逃せないです。耐久性や柔軟性、止水性が増して、新旧のモルタルが併存しても従来ほど問題は生じません。最近のモルタル壁の補修では、新たな技術も登場しています。

 

新潟市西区の外壁に限らず、住宅のリフォームで消費者の頭を悩ますのが、工法や製品の選択肢が多く、最適な工法や工事の適正価格がわかりにくいことだと思います。 国土交通省の調査によると、リフォームについて消費者からは 「見積もりが適切か不明」「費用が当初予定より超過した」といった声が多いようです。 工事を依頼するのなら、信頼できる業者を選び、費用もできるだけ安くしたいというのが理想です。
適正な工事業者かどうかを判断するポイントをご紹介します。(注)全国住宅外壁診断協会より。

1.現状の診断結果を写真などで説明してくれる。

2.補修方法を明確に提案してくれる。

3.見積もりが「一式」は避ける。

4.施工後の保証がある。

5.メンテナンス(定期無料点検)をしてくれる。

以上のようなポイントをいくつか抑えておいて、先にもお話しましたように、ご自身で外壁をさわってみてからでも業者さんに相談するほうがいいでしょう。外壁は建物の顔ともいわれ、家の見た目にも大きく影響しています。 外壁が汚れていたり、劣化によってひびが入っていたりすると、 構造上の問題はもとより、見た目にもあまり格好のいいものではありません。 家の第一印象を左右する外壁です。 いつまでも美しく、良い印象で維持していきたいですね。


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

お電話もお気軽にどうぞ。
TEL 025-261-6010 FAX 025-261-6010

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.2.7

空き家のリフォームで補助が受けられます

新潟市空き家活用リフォーム推進モデル事業という制度があることをご存知でしょうか? 目的としては・・・。 空き家の…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る