マンションの騒音対策と損害賠償

マンションの騒音対策と損害賠償

 

マンションと生活習慣

マンションに住んでいると周りの部屋からの騒音で眠れない時があります。これがトラブルの元となり、快適な生活を送ることができない人が多いのです。最近ではマンションを快適な生活空間にするために、メーカーや管理会社は対策を考えるようになってきました。その世帯の生活習慣や行動を考えて、それに合わせたマンションを建設しているのです。騒音対策として壁や床を厚くすることだけでは完全な解決にはなりません。子育て支援マンションと呼ばれる物件は、その名の通り子育てがしやすい住環境を作るものです。

 

人の生活の中で一番重要なのは睡眠だと言われています。子育てが問題となるのは夜の子どもの声や動き回る音が騒音となってしまうからです。快適な睡眠環境を作ることは住んでいる住人が考えなければなりませんでした。しかし、マンションを作る時から快適な寝室を整えておくことで、これらの問題を解決することを提案しています。子育てをしている世代と、夫婦だけの世帯では求める住環境が大きく変わります。それらを無視して作られたマンションではどこかにひずみが出ても当然なのです。これからの新しいマンションのあり方を示すものとして注目されています。

 

もちろん、これらの提案を実現するためにはコストがかかります。そのコストは騒音を我慢しなくて済むことへの資金と考えればいいでしょう。あなたはぐっすりと眠ることができていますか。眠りのための快適な空間は人にとって重要なのです。

格安マンションと騒音

格安マンションに住もうと考えている人は少なくありません。マンションの費用が安ければ、それだけ生活にゆとりができてくるからです。しかし、格安マンションにはその理由があります。物件によって理由は様々ですが、一番多いのは騒音です。近くを通る車や電車の音が気になる人には耐えられないかもしれません。格安物件の場合は契約する前に不動産会社に理由を聞くべきでしょう。

 

時には前住人が自殺をしたと言った物件もあります。ただ、この場合は契約前にきちんと説明しなければならないことになっています。騒音は個人差がありますから、費用を削減するために我慢すると思っている人も少なくありません。マンションに何年間住むことを考えているかにもよるでしょう。学生の場合は学校に通っている間だけに限定していますから、騒音も我慢できることでしょう。場所によっては2重窓などの防音対策を施しているマンションもあります。契約する前に設備をしっかりとチェックしましょう。

 

時間帯によって騒音の度合いも異なりますから、対策をしなければならないかどうかを調べておくのです。すでに住んでいる人が原因で騒音問題となっている場合は、ちょっと厄介です。静かにしていることができない人も少なくないのです。ベランダに出て大声で携帯電話をする女性もいます。子どもが小さければ、どうしても騒がしくなるでしょう。乳児の泣き声は我慢できないものです。マンションはすぐ近くに住んでいても、コミュニケーションのない赤の他人なのです。

マンションの騒音と工事

マンションでは防水工事など、建物全体に関わる工事を定期的に行っています。この場合は全住居者に関係することですから、管理組合の会合で事前に説明が行われていることでしょう。しかし、管理組合が機能していない場合は事前の説明もなく、急に工事が始まることもあります。
また、工事の騒音は我慢できないレベルですから、その時間帯は部屋にいないようにした方が賢明でしょう。騒音対策は簡単ではないからです。

 

コンクリートに対して工事を行うと、そのコンクリートを音が伝わります。工事個所から遠いところは音が小さくなりますが、原理的にはすべての部屋で音が聞こえるはずです。現実的には対策ができないと言うことです。また、マンションの内装を変更するための工事を行う場合もあります。工事の内容によっては大きな騒音となる場合もあります。住人間のトラブルとして裁判に発展した例もあります。ただ、騒音を許容できる程度と見るかどうかは個人的な感覚が強くなりますから、どうしても感情論になってしまいます。

 

工事が終わっても一緒に住むことは間違いなのですから、気持ちよく住むための知恵を付けることが重要です。嫌な相手とわかっていても、それを助長するような行動が結果的に自分を苦しめてしまうのです。マンションを購入したら、理由がない限りそこに住み続けることになります。改装工事は予想外に大きな音となってしまいます。騒音問題で近所とトラブルにならないようにしておきましょう。

騒音とは

音の伝わり方は固体音と空気音の2種類があります。マンションはコンクートで各部屋がつながっていますから、固体音が騒音として問題になることが多いでしょう。空気音は発生する音を抑えたりする対策がやりやすいのですが、固体音は対策ができないケースもあります。水道管を流れる水の音などは個人レベルで抑えることはできませんから、対策としては夜中に洗濯をしないと言ったことだけでしょう。生活をしているとどうしてもいろいろな音が発生します。すべての音を遮断することはできませんから、騒音とならないように気を付けなければなりません。

 

昼間に発生する音はある程度までは許容できます。しかし、同じ音が夜に発生すると騒音になるケースは少なくないのです。周りの音が小さくなっている分だけ、騒音が強調されるからです。夜中のテレビや携帯電話の音は非常にうるさく感じてしまいます。このような騒音に悩まされたくないと思うなら、一戸建てを購入することをおすすめします。自分が住んでいる地域では、それは無理だと思っている人もいるでしょう。

 

都会に住む限りはマンションが一般的だからです。仕事や学校の関係でマンションに住まざるを得ないのであれば、そこで快適に暮らしていく方法を考えましょう。多くの人が考えているため、インターネットなどで騒音に関する情報が掲載されています。関心を持っているだけではなく問題に直面している人が多いと言うことです。騒音問題はなくなることはありません。

関連記事はこちら⇒マンション住まいでの騒音の考え方

マンション騒音の注意

マンションのような集合住宅では騒音の問題で他の住人との間でトラブルとなることが少なくありません。騒音で迷惑をしている場合には原因となっている住人に対して注意喚起をすることが大事です。ただ、直接名指しすることは相手の態度を悪化させるだけですから、一般的には管理会社を通して注意のチラシを配ってもらうことになるでしょう。しかし、どうしても我慢できない人は直接部屋まで来て注意する人もいます。

 

どちらが引越すにしても、しばらくの間は同じマンションに住んでいるのですから、喧嘩状態になることは避けたいと思うでしょう。ただ、騒音を感じている人は相手に何とかしてもらいたいと思っていますから、その対策が取られない限り納得はしないでしょう。どの程度が常識レベルなのかについても意見が分かれるところです。誰も仲介に入りようがありませんから、余計にトラブルとなるのです。騒音の対策をすることは容易ではありません。子どもが歩き回る音がうるさいと言われても、歩き回らないことは不可能でしょう。

 

無理を承知で騒音対策を求めている時点で、本当の意味で問題の解消を求めているのではないと考えられるケースもあります。人によっては法外な慰謝料を請求する人もいます。自分たちが良ければそれでいいと言う現代人の風潮が悪い方向に出ているのです。マンションはお互いが気持ちよく生活していくために知恵を出さなければなりません。それができない人は出ていってほしいものですね。

マンショントラブルの相談

マンショントラブルの相談を受け付けてくれる法律事務所やインターネットサイトはたくさんあります。トラブルで多いのは家賃の滞納や騒音です。滞納の場合は最終的には法的な手段に訴えることができますが、騒音のトラブルは感情的な話になるため解決が困難な場合も少なくありません。トラブルとなる前に事前に対策を講じておくことが大切です。

 

管理業者や管理組合で、入居前の注意事項を周知しておきましょう。また工事などを行う場合も、事前の説明が大切です。説明して納得してもらえば、話が進めやすいでしょう。マンションのトラブルが話題となるのは、コミュニケーション不足が一因です。ただ、マンションの構造は騒音が伝わりやすい状況ですから、1戸建てに住んでいた人には理解できないケースも少なくないのです。特に地方から大学進学でマンションに入居するケースでは、友達と部屋の中で騒いで近所迷惑になることがあります。

 

地方では当たり前の行動でもマンションでは慎まなければならないと言う基本が理解できていないのです。都会で暮らすからにはモラルを守らなければなりません。多くの人が騒音問題で相談したいと思っているのですが、具体的にどこに相談すればいいかわかりません。管理会社も親身になって対応してくれるわけではありません。騒音対策自体が難しいため、発生する音は我慢してもらっているのが現状でしょう。ただ、我慢にも限度があります。じっと家にこもっているのは精神的にもよくありませんね。騒音で悩むより、外出する方が賢明です。

マンション騒音と管理組合

マンションのトラブル解決のために管理組合はどのようなことができるのでしょうか。マンションにおける管理組合とは行政区の組合と同じです。そこに住む以上、管理組合への加入が強制されることは法律的にも認められていることです。ただ、騒音問題など個別の事例に対して管理組合がどこまで介入すべきかと言う点については、簡単に対策が打てないため難しい問題に発展します。基本的には両者間で話し合うべきなのですが、感情的な話になってしまうため、冷静な第三者が必要となります。

 

管理組合の会長や役員の人は両者の間で苦労すると言うケースも少なくありません。大規模なマンションになると数百世帯が一つの管理組合となっています。すべての人の意見を一つにまとめることは難しいと言えるのです。30戸以上のマンションでは管理組合を法人化することも可能です。個人で対応するのではなく、組織としてルール化することで住民の理解も得やすいのではないかと考えられます。マンションにおけるトラブルが多くなってきましたから、マンション管理士と言う資格が誕生しました。

 

これはマンションを管理するために一定の資質が求められており、個人に対して客観的な評価を与えることを目指したものです。管理士の言うことは間違いないと思ってもらうことが重要でしょう。騒音に対する具体的な対策への知識も管理士は求められます。裁判所での解決では、感情的なしこりが残ってしまいますから、できるだけ穏便に済ませたいものです。

マンションと損害賠償

一般的に工事や事業などによって発生する音は一定の音量を越えないように規制されていますから、何らかの対策を講じています。また、違反した場合に被害を受けた住民に対して損害賠償金を支払わなければなりません。しかし、生活をしている時に発生する音に対しては、法律上の規制はありません。
マンションでの騒音は法律的にどのような解釈がされているのでしょうか。もちろん、人に迷惑をかけるような騒音を出すことは慎まなければなりませんが、どうしても避けられないケースもあります。

 

赤ちゃんの泣き声や走り回る音が階下の住人に苦情として寄せられることは珍しいことではありません。裁判になったケースを見ると、苦情に対して誠意ある行動を取っていないことが裁判にまで発展する理由になっているようです。原告も損害賠償の裁判を起こしたくて起こしているわけではないでしょう。少しでも静かにしてもらえればいいと思っていたのです。乳児が泣くことは誰も止められませんし、マンションと言う共有のスペースではその程度の我慢は求められます。裁判では物的証拠が必要となりますから、子どもが出す騒音を騒音計で測定していました。

 

原告をそこまで駆り立てた理由があるのです。苦情が出た時に、誠意を持って対応すれば裁判になることはありません。お互い様だからです。ただ、どうしても理解してもらえない場合には退去することも考えなければなりません。マンションでの騒音対策をするよりも一戸建てを手に入れた方が気持ちも楽でしょう。

マンションと子ども

子どもはのびのびと育てたいと考えている人が少なくありません。実にお母さんの7割以上が一戸建てを選択しているのだそうです。ただ、現実問題として都会で一戸建てを確保することは経済的にも難しいケースが少なくありません。マンションを敬遠する理由は騒音問題です。赤ちゃんの泣き声を抑えることは難しいですし、育ち盛りの子どもたちは部屋の中で暴れまわるのですから、対策は簡単ではありません。子どもをしかりつけて静かにさせることもしつけと言えるのかもしれませんが、おとなしくしている子どもは将来が心配になるでしょう。

 

都会はマンションしかありませんが、それゆえのメリットも少なくありません。病院や習い事などに近いためです。どのような場所で育てても子どもは元気になるものです。ただ、マンションでの騒音トラブルの多くが子どもに関係していることも事実です。頭ではわかっていても、静かにさせておくことが現実的に難しいのでしょう。結果的に周りの迷惑になってしまいます。コミュニケーションが不足しているマンションでは、子どもの遊び声だけでも苦情を言う人がいます。我慢する理由がないと考えているのでしょう。

 

マンションの場合は、子どもを地域で育てると言う環境がありません。苦情を言う人は自分たちが逆の立場に立つことを考えていないのでしょうか。ただ、マンションが建設されるようになってから、騒音問題はずっと続いています。結末がどうなるかは誰もがわかっているのですが、未然に防ぐ対策が取れないのが現状です。

マンション購入時の注意

マンションの購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。購入時には十分検討しておくことが大切です。いくつかの注意事項を紹介しましょう。まずは情報を集めましょう。購入しようとしているマンションだけではなく、周りの環境も含めた情報が必要です。学校まで、駅までの距離、公園などの遊び場も調べましょう。購入価格に対して物件が妥当なのかを判断することは容易ではありません。事前に調べていたとしても、住んでみて初めてわかることも少なくないからです。騒音問題もその一つです。どれくらいの音が響くのかは上下に人が住んでみなければわかりません。

 

また、住む人によって発生する騒音も変わってきます。十分過ぎるぐらいに防音対策をされたマンションでも、コンクリートや水道管を伝わる音を防ぐことは容易ではありません。騒音の対策は音を出さないこと、時間帯を考えることに尽きるのではないかと言われています。そのためには生活している人のモラルのレベルが問われます。話しても改善してもらえないケースが大きなトラブルとなることも少なくありません。購入してよかったと思えるマンションはそれほど多くないのかもしれません。

 

しかし、ずっと一緒に生活しなければならないのがマンションです。個人が別々に住んでいるわけではないことを理解しておきましょう。それは地方でも都会でも同じことです。法律で解決できることなど、問題のごく一部に過ぎません。住人同士の話し合いが重要なのです。

 

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.7.16

水回りリフォームで台所のリフォームをできるだけ安くすませる方法

台所リフォームのポイント 台所のリフォームと費用 家の中でもよく使う台所スペースは、主婦にとっては居心地のよい空間であって欲しいものです…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る