リビングとダイニングに間仕切りを考える

リビングとダイニングに間仕切りを考える

 

日本の家屋の場合はリビングとダイニングが同じ部屋になっていることがあります。マンション等はその傾向がおおいですね。そのような場合の間仕切りについて考えてみましょう。実際のリビングではダイニングと兼用で、同じテーブルになっていることもあるかもしれませんね。間仕切りが必要ではない家庭も多いです。

 

しかし、リビングとダイニングに間仕切りをすることによって、リビングが寛ぎの空間であることを意識するようになります。もちろん、圧迫感をもたらすようなインテリアでは、せっかくの空間が台無しです。そんなときに落ち着きを与えてくれるインテリアなら利用価値はあると思います。

living-room160414

台所があり、ダイニングテーブルがあり、リビングテーブルが一列に並んでいる部屋をイメージしてください。部屋としては壁のない一つの部屋です。マンションなどの間取りでは珍しい配置ではありません。つながっていることで開放感が感じられる場合もあるからです。

 

それでは、空間をどう利用するのか、想像してみてください。家具で間仕切りをする方法を考えてみましょう。リビングに置いたソファを間仕切りとするのです。ダイニングに対して背を向けたソファを置けば、たったそれだけで間仕切りとして有効です。

interior-160414

つまり、そこに座った人はダイニングの人とコミュニケーションを取らないと言う意思表示となるからです。このことは家具の配置が人の会話を作ることを意味しています。非常に興味深いですね。それから、オープンラックを間仕切りとする方法もあります。

 

最近はキッチンの吊り戸棚も双方向から出し入れのできるものもあります。あえて吊り戸棚は無しにするご家庭もありますね。オープンラックは組み立て式のものから、かなり頑丈なものまで多種多様に販売されています。本や家電などの雑貨を収納するスペースとしても活用できますね。

 

背の低いパーティションを配置することもいいでしょう。パーティションであれば、その日の気分に合わせて取り払うことができるからです。広々とした空間で間仕切りのないリビングもそれはそれでいいでしょう。ですが、工夫ひとつで広い空間からプライベートな空間を作ることも可能なのです。

reading-160414

間仕切りは壁とは違って、あとで動かせるものなのでアイディア次第ではいくらでも考えられます。お子さんが勉強しているときに来客があったときや、ご夫婦で別々の作業をしているとき。同じ作業中、読書などでも、少しだけ視界を遮りたい時など、さまざまな場面で利用できます。

参考「素敵にお部屋のインテリアをイメージする方法」
「住まいをリフォームする16のコツ」
いろいろな間仕切りを考えて、空間を楽しみましょう。ボニタプライアでは、無料でご相談を承っております。お気軽にお声掛け下さい。


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.8.4

いまのお住まいの「危険な場所」助成金で見直しませんか。

お住まいの「危険な場所」を見直してみませんか。 子どもにとっては夏休みは学校が長期間お休みなので、ワクワクする毎日…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る