キッチンのリフォームと二世帯住宅

キッチンのリフォームと二世帯住宅

 

ここ最近、親世帯と子ども世帯が一緒に暮らす二世帯住宅の良さが再び見直されています。その理由は子ども世帯の経済的な問題や、親世帯の身体面の問題など様々ですが、ハウスメーカーの二世帯住宅プランなどに気持ちを動かされたという人も少なくないようです。

 

高齢化がどんどん進んで、親世帯は子どもに頼るようになり、はたまた一人暮らしでは病気になったときに心配です。現在は様々な形体の二世帯住宅があり、ストレスなく暮らせるような工夫がいろいろと組み込まれています。

 

かつて同居といえば玄関、ダイニング、リビング、風呂など全てを共有する完全同居型が普通でしたが、現在は玄関やキッチンが2つある二世帯住宅で同居することが多いようです。

 

血がつながっているとかいないとかに関係なく、自分の親のような世代の人たちと同居するシェアハウスまででてきています。そうはいっても、世代が違うと意見や考え方の相違でぶつかることもあることでしょう。

 

核家族が当たり前になった今の時代、一つ屋根の下でお互い気配を感じながら、別々に暮らすというのが上手くいくコツなのかもしれません。結婚や子供が生まれたのをきっかけに実家を二世帯住宅にリフォームするという人もいます。

 

二世帯住宅へのリフォームでは、キッチンやお風呂の数をどうするかが重要な問題です。 お嫁さんやお姑さんが遠慮無く話合いができるといいですね。二世帯住宅の良さを生かすためには完全な二世帯にするよりも、片方世帯にメインキッチン、もう片方はごく簡単なサブキッチンを造る方法がお勧めです。

 

毎日の食事は二世帯一緒にメインキッチンでしますが、サブキッチンでもお茶や軽食、一人や二人分の簡単なお料理は作ることができます。キッチンが増えればリフォーム費用も高くなりますので、経済的にも家事の効率を考えても、また二世帯が仲良く暮らすためにも、食事は二世帯一緒に過ごしたいものです。

 

メインキッチンを各世帯に造るなら、時々は集まって食事ができるように、片方のキッチンは広めにリフォームしておきましょう。また、お風呂もできれば別々が理想なのでしょうけど、時間帯をずらすなどの工夫で、二世帯でも快適に生活することが出来ます。

 

いままで何不自由なく一世帯で生活していたのに、親と同居することとなったら、窮屈に感じてしまっては同居する意味がありません。二世帯住宅へのリフォームは双方が納得のいくまで話しをして、将来の家族のあり方も含めて、理想のリフォームをしてほしいと思います。

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.4.26

子供部屋のリフォームや改装には新潟市の支援事業を活用しよう

4月25日から新潟市では「子育て支援健幸すまいリフォーム支援事業」の受付がはじまりました!! その時のリビングのあり方…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る