高齢者にとっては暖房器具は暖をとるだけではないのです

高齢者にとっては暖房器具は暖をとるだけではないのです

 

暖房器具はどんなものを使っていますか?おそらく最近では灯油を使った石油ストーブなどは少なくなってきているのではないでしょうか。暖房器具は電気を利用するものが多い理由は、電気代の節約がメインではなく高齢者対策だと言われています。

 

つまり、石油ストーブなどは火事の危険性があるからです。火災の原因で多いのは高齢者の石油ストーブの消し忘れや、洗濯物などの引火が多いです。冬場の寒い時期は高齢者にとって健康面で非常に厳しい環境です。部屋から部屋への移動などでヒートショックを起こすこともあります。

 

したがって、高齢者にとっては暖房器具は暖をとるだけではなく、命を守る必須アイテムと考えてよいでしょう。もちろん、電気代を節約することは大事なことですが、高齢者の場合は安全と健康を第一に考えなければなりません。

 

高齢者は寒さに弱いだけではなく乾燥でも体調を壊してしまう場合があります。インフルエンザなどは湿度を快適に保つことで避けることもできますね。電気式暖房器具であれば、空気を汚すこともなく、石油ストーブほど引火の危険がないので、火事の心配もあまりありません。

 

まずは部屋の中でじっとしている時間が長い高齢者に適した暖房器具を選定しなければなりません。注意したいのは電気ストーブなどの局所を暖めるタイプの暖房器具です。電気ストーブはすぐに暖まることができますが、部屋全体を暖めるには少し時間がかかります。それに電気ストーブのその前面に居続けると火傷をしてしまいます。

 

小型の電気ストーブでも触ればやけどしますし、前面はかなりの高音にもなります。電気だからと安心はできないのです。したがって、高齢者には電気ストーブを選ぶよりも、電気毛布などの柔らかいぬくもりを与えてくれる商品を選定したいものです。

 

高齢になると衣服をたくさん着込んだり、体温調節をうまくできないことから、自分で熱さを感じない場合もありますから、周りの人が設定温度もこまめに調節してやることが大事です。

 

高齢者の寒さ対策として注目されているのが浴室暖房です。お湯の中に入ると暖かいですが洗い場はかなり寒いことが多いでしょう。いまのお住まいにあとから取り付けるタイプの浴室暖房もあります。リフォーム業者に相談されるといいでしょう。

 

電気式とガス式がありますが、エアコンのように後付して取り付けることが可能です。脱衣室などもそこで衣服を脱ぎ着するわけですから、ヒートショックが起こって危険です。高齢者にとってこの寒さは命取りとなります。脱衣室やお風呂場での心筋梗塞は火災以上に高齢者の死亡原因のひとつです。

 

トイレも同じですね。最近はトイレ専用の暖房器具も販売されるようになりました。脱衣室やトイレ用に小さなサーキュレーターなどを置くことも、まわりにいる人が考慮してほしいものです。高齢者だけではなく、心臓に疾患を持っている人の場合は急激な温度差には気をつけたいものです。冬場の寒い季節にはとくに注意が必要です。

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.4.26

子供部屋のリフォームや改装には新潟市の支援事業を活用しよう

4月25日から新潟市では「子育て支援健幸すまいリフォーム支援事業」の受付がはじまりました!! その時のリビングのあり方…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る