リフォームしなくてはいけない築年数とは

リフォームしなくてはいけない築年数とは

 

だれしも家を建てたら数年後または数十年後には「リフォーム」はいつかは考えなくてはいけない事になります。建築してから年数が経ったからすぐに建て替えるという判断をしない限りは「リフォーム」という選択肢になることが多いのです。

 

特に壊れたり老朽化もしていないけれども、いまの住まいのデザインを替えたいからリフォームする。という考えでリフォームをする場合と、壊れたり老朽化したりする事で生活に支障を出すから直さなくてはと言う考えでリフォームする場合と2種類あると思います。

 

せっかく持ち家を購入したとしても、何十年も住んでいたら家だって老朽化するのは当たり前で、さまざまな箇所が壊れたり不具合が出たりする物です。人間と同じで家も年をとれば、それなりにあちらこちらに不具合が生じてもしかたのないことなのです。

 

ですから最低限生活に支障を出さない位のリフォームを行って少しでも長く快適にいまの自分の住まいで暮らしていける様にすると良いと思うのです。ではいったい築年数がどれ位経ったらリフォームをしたら良いのでしょうか。建築してから何年くらいがリフォームの目処になるのでしょうか。

 

せっかく新築で家を建てたのに、たったの5年位でリフォームする事になっては、家のローンも残っているのに何だか切ないと思ってしまいますよね。しかし、いろいろな観点から見てみると、おおよそ5年位を目安にして一度リフォーム業者に見せてチェックしてもらうといいと思います。

 

必ず新築後の5年でリフォームしなくてはいけないというわけではありませんが、チェックしてもらうことで早めの修繕ができるので、結果、修繕にかかる費用もそれだけ抑えられることになるのです。

 

さらに家を購入する時や、建てるときに何十年保証という様なうたい文句を聞いたことがあると思います。そういったことも上手に利用して保証してもらう様にするといいでしょう。保証があるうちは建ててもらった業者に依頼して修繕してもらう様にしましょう。せっかく保証があるのに他の業者にまかせては損をするばかりです。

 

建築して何年経ったからリフォームという様なことではなくて、ご自身の健康診断と同じように定期的にチェックしてもらって悪い所は早めに直してもらうという様なイメージでリフォームしていきましょう。

 

そうはいっても、築年数もあやふやだし、うちはどうなのかしら?よくわからないから。とお悩みのかたはぜひお気軽にお声掛け下さいね。

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.2.7

空き家のリフォームで補助が受けられます

新潟市空き家活用リフォーム推進モデル事業という制度があることをご存知でしょうか? 目的としては・・・。 空き家の…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る