リフォームとリノベーションの違い

お住いの修繕を考えたときによく「リフォーム」と言う言葉と「リノベーション」と言う言葉を耳にすると思います。一般的にはどちらも同じ様な意味で使われると思います。この2つはどう違うのか分かりますででしょうか。業者によっては同じ様な意味で使っている所もあるみたいですが、具体的には少し意味合いが違います。

 

まずは馴染み深い言葉である「リフォーム」ですが、一般的には家の古くなった部分や壊れた部分を直す事、戻す事を基本的には指しています。比較的に工事自体も小さい物を言っていて、トイレを和式から洋式にかえたりとか、壁紙を張り替えたりとかそう言った小さい規模の物をリフォームと言う様に呼んでいます。

 

建築業界的には一般的にいう「リフォーム」とは少し違っていて、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。

 

英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。

 

マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

 

ですので小さなリフォームから大掛かりなリフォームまでをひっくるめて「リフォーム」と言っています。ここでいう「リフォーム」は和製英語なので、英語でいう「reform」とは少し意味合いが違っているのです。

 

一方、「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味していて、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して。

 

リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

 

例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

 

元々有った家の状態以上に家を改築すると言う様な意味では、元々の家以上の家に作りましょうと言った感じになります。家で残すのは枠組みだけで、水回りの位置を変えたり、階段を別な場所に変えたり、土台自体も替える等、工事の規模としては大きな物になります。

 

現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきています。 しかし、2つの言葉の間には、主に「工事の規模」と「住まいの性能」の2つの違いがあります。

 

設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。

 

用途や工事の規模等が違う事によって呼び方も変わってくるのです。ご自身の家の状態によってリフォームにするか、リノベーションにするか、業者の方と相談して決めていくと良いでしょう。

 


▶▶ お問合せはこちらから⇒問合せフォーム
豊富な経験をもつ技術者が、責任を持って工事を進めます。
現場の安全や美化にも努めます。

 お気軽見積り⇒簡単見積フォーム
女性建築士が住む方の立場に立って、一緒に考えます。

問合せよりどうぞ。

== 営業エリア ==
新潟市全域,中央区,北区,江南区,秋葉区,西区,西蒲区
他に三条市,燕市,新発田市,新津市,新潟市近郊

Bonitapraia

関連記事

コメントは利用できません。

リフォーム情報

2017.1.5

ボニタプライアのYouTube動画

新潟でリフォームなら! こだわりの女性建築士目線で提案します。 弊社では、多くの新潟のお客様に納得できるような適正な金…

2016.7.16

水回りリフォームで台所のリフォームをできるだけ安くすませる方法

台所リフォームのポイント 台所のリフォームと費用 家の中でもよく使う台所スペースは、主婦にとっては居心地のよい空間であって欲しいものです…

おすすめリフォーム

メルマガ

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る